さがみはら南区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

相模原市 空き家活用に新たな一手 相談員派遣と物件登録

社会

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena

 市内にある空き家の利活用を促進しようと、市は6月3日から、専門相談員の派遣事業と「空き家バンク」の受け付けを開始した。

 全国的に増加傾向にある空き家。5年に一度行われる住宅・土地統計調査によると、市内の空き家は2013年時点で約3万5920戸。前回調査時の08年は約3万3540戸で、総戸数に占める割合を示す空き家率も10・4%から10・6%と増加傾向にある。こうした状況を踏まえ、市は空家等対策計画に基づき実態調査や相談窓口の整備、空き家の利活用促進についてさまざまな取り組みを進めてきた。

有効活用の一助に

 相談員派遣事業は、相模不動産団体三支部連絡協議会の協力のもと実施する。同会の構成団体に所属する専門家(宅地建物取引士)が、実際に戸建ての空き家を訪問。目視や提供資料、空き家の状況を踏まえ、管理や活用について所有者に助言する。現地での相談対応後、相談員が作成した所見書が、市から所有者に送付される。先着順の受け付けで、予算額に達した時点で締め切られる。

 空き家バンクは、売買や賃貸を考える所有者が物件情報を「全国版空き家バンク」に登録し、利用希望者に情報提供する制度。登録は2年間有効で、審査を経た登録物件に利用希望がある場合、両者で交渉、契約を行う。

 市建築・住まい政策課の担当者は「空き家の一番の問題は、維持管理が行き届かず地域に悪影響を及ぼしてしまうこと。不動産として価値があるうちに、有効に活用する一助になれば」と期待を寄せる。

 両事業ともに、現在申込みを受け付け中。希望者は市ホームページに掲載されている申請書と必要書類を揃え、窓口か郵送で提出を。問い合わせは同課【電話】042・769・9817へ。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

市、集団接種へ運営訓練

コロナワクチン

市、集団接種へ運営訓練 社会

副反応対応など手順検証

4月8日号

原田美枝子さんら登壇

原田美枝子さんら登壇 文化

常福寺ライブ、「死生観」語る

4月8日号

相模原市がワイン特区に

相模原市がワイン特区に 社会

規制緩和で地産拡大期待

4月8日号

SC、首位新潟とドロー

サッカーJ2

SC、首位新潟とドロー スポーツ

ユーリが今季初得点

4月8日号

市長賞に橋本小PTA

市長賞に橋本小PTA 教育

広報紙コン 各賞決まる

4月8日号

相模原の魅力 ぎゅっと

相模原の魅力 ぎゅっと 経済

市がガイドブック発行

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク