さがみはら南区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

スタイル貫き上位へ 富澤清太郎キャプテン

スポーツ

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena
インタビューを受ける富澤キャプテン=22日、ノジマフットボールパーク
インタビューを受ける富澤キャプテン=22日、ノジマフットボールパーク

 J3リーグは現在、8位から13位までが同じ勝ち点で並ぶ団子状態。三浦文丈新監督率いるSC相模原は13位で、混戦からなかなか抜け出せずにいる。今季新加入し、キャプテンを任された富澤清太郎(37)は、「攻守の完成度がまだまだで、それが結果に表れている」と冷静に振り返る。

 今季SCが掲げるのは、ボールを保持しながら相手ゴールを脅かす「ポゼッションサッカー」。それを体現したのが第5節、アウェーのロアッソ熊本戦。「ボールを持つだけでなく相手を崩し、守備の面でも何度も奪い返してゴールにつなげられた。結果、力あるチームに完勝できた」と振り返る。一方で、悔しい敗戦も喫した。自分たちのスタイルが徐々に浸透しはじめていた第8節のAC長野パルセイロ戦。得意のポゼッションが封じられ、守備の緩さも目立ち、内容で圧倒された。「必要なのはチームとして攻守両面を意識すること。人間は、何かに自信がつくと何かを忘れがちになるもの。でも、めざすスタイルは明確に提示されているので、心を真ん中に置いて冷静にやっていきたい」と話す。

「一戦一戦」集中

 再開後の初戦はカターレ富山。富澤は、「富山はGKからボールを丁寧に動かすという印象。映像を分析して準備を整えたい」と意気込む。上位浮上へ「最終節まで一戦一戦集中して戦い抜くことが大切。後半戦も頑張ります」と力強く語った。
 

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

相模原の「司法」を考える

【1】序章 連載

相模原の「司法」を考える 社会

寄稿 大谷豊弁護士

1月28日号

SC相模原 シーズン開幕に向け始動 J2初戦まで1カ月

コロナ禍、介護者用緊急引継ぎシート「ケアラーのバトン」改訂

SC相模原の選手起用、薬物乱用防止啓発ポスター作成

【Web限定記事】

SC相模原の選手起用、薬物乱用防止啓発ポスター作成 社会

相模原市と(公社)相模原市薬剤師会が協働

1月28日号

川柳募集

川柳募集 文化

1月28日号

相模原市南区の相模女子大学グリーンホールで成人式

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク