さがみはら南区版 掲載号:2022年4月28日号 エリアトップへ

知的障害者のためのアート活動グループ「フェイス・オブ・ワンダー」を主宰する 金子 光史(みつし)さん 古淵在住

掲載号:2022年4月28日号

  • LINE
  • hatena

相模原にアートの森を

 ○…知的障害のある人たちに思い思いの表現方法で自由にアート作品を描ける場「フェイス・オブ・ワンダー」を創設。以来30年以上に渡り活動を続けてきた。相模原では初めてとなる作品展の開催を目前に控え「様々な人と一緒につながり、相模原に『アートの森』を作るきっかけになれば」と興奮気味に嬉しそうに語る。

 ○…ベトナム戦争や70年安保などを発端とした学生運動真っ盛りな時期に大学時代を過ごした。何が正しく、何が間違っているのかが分からなくなった時代の中で「生き方が見えなくなった」と決まっていた出版社への就職を断ってしまう。とあるきっかけで紹介されたのは成人後、障害のために職場や家庭、地域にも居場所がなくなった知的障害者らの更生施設。2年間彼らと寝食を共に過ごすうちに「彼らから学ばせてもらった。彼らと一緒に生きていきたい」と一念発起。通信制の大学で学び直し、教員免許を取得。東京都で採用され、特別支援学級の教員として彼らに寄り添い続けた。

 ○…不思議な会の名前は聞き間違いから生まれた。絵画教室の回を重ねるうち「会の名前が欲しい」となり、協力者の一人が生物学者レイチェル・カーソンの著書『センス・オブ・ワンダー(神秘さや不思議さに目をみはる感性)』からとってはどうか、と電話で打診。センスがフェースと聞こえ「不思議な顔?でも面白い面々と、言い換えれば良いネーミングかな」と思ってそのまま付けたそうだ。

 ○…作品展では障害の有無にかかわらず誰でも自由に絵を描ける場も設ける。「子どもたちや学生たちにも経験してほしい。相模原から豊かなアート文化を作っていけたら」と未来への思いが溢れた。

さがみはら南区版の人物風土記最新6

北島 寿(ひさ)子さん

50年続き、一度は閉鎖したバレエスクールを再開させた

北島 寿(ひさ)子さん

相模台在住 82歳

6月23日号

神藤(しんどう) 昭嘉さん

相模原市陸上競技協会の会長を務める

神藤(しんどう) 昭嘉さん

緑区相原在住 74歳

6月16日号

貝瀬 壮(たける)さん

第20回全日本新体操ユースチャンピオンシップ男子新体操個人で優勝した

貝瀬 壮(たける)さん

光明学園相模原高3年 17歳

6月2日号

石川 正典さん

130周年を記念して母校の新磯小学校に桜を寄贈した

石川 正典さん

新戸在住 56歳

5月26日号

渡辺 加代子さん

神奈川県看護協会相模原支部の支部長を務める

渡辺 加代子さん

渕野辺総合病院勤務 67歳

5月19日号

田野村 順子さん

保護司として春の褒章で藍綬褒章を受章した

田野村 順子さん

御園在住 75歳

5月12日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook