さがみはら南区版 掲載号:2022年6月2日号 エリアトップへ

第20回全日本新体操ユースチャンピオンシップ男子新体操個人で優勝した 貝瀬 壮(たける)さん 光明学園相模原高3年 17歳

掲載号:2022年6月2日号

  • LINE
  • hatena

雄大さとしなやかさと力強さと

 ○…予選3位からトップに立ち、昨夏のインターハイ(高校総体)で優勝した選手の最終演技を待った。「逆転できる点数を出せる選手なので、待っている時間はとても緊張した」と正直な気持ちを打ち明ける。優勝が決まった瞬間「むちゃくちゃ嬉しかった」と相好を崩した。10月には初めて個人戦で大学生や社会人選手と対峙する。「高いレベルの人と競えるのが楽しみ」とユース日本一の称号を手に挑む。

 ○…3人兄弟の次男。新体操は父・仁史さんの影響で小学生から始めた。光明相模原高は創部以来44年連続インターハイ出場を続ける名門で、OBの父が監督を務めることから毎週末は相模原市体操協会が主催する体操教室に参加。高校生に交じって体操を学んだ。

 ○…173cmの長身と手足の長さを活かした大きく丁寧な演技を武器に年々成長を続けている。新体操の魅力について「全選手が違う動きで表現するところ」と語る。男子新体操は競技人口こそ増えているものの、高校で部があるのは各県1〜3校ほど。大学となるとさらに進学先も限られてくる。それでも将来は選手としてはもちろん指導者としても新体操に長く係わっていきたいと夢を語る。憧れるのは現・坂出工業高監督で2019年の全日本チャンピオン川東拓人さん。「力強さ、速さ、柔らかさを兼ね備えていて体操が上手でキレイ」と絶賛。目標の選手を思い描き、課題のスピード不足を補うべく、日々の練習に励む。

 ○…チームのキャプテンとして夏のインターハイでは個人・団体優勝が目標。ゲームやユーチューブ、友人とのおしゃべりなどで気分転換を図るが、「何も考えないのはお風呂に入っている時くらい」と体操漬けの毎日だ。

さがみはら南区版の人物風土記最新6

佐藤 祐一郎さん

国際ロータリー第2780地区の2022―23年度のガバナーを務める

佐藤 祐一郎さん

東京都中野区在住 64歳

8月11日号

亞川 マス子さん

歌人で相模原市民短歌会の会長を務める

亞川 マス子さん

南台在住 86歳

8月4日号

阿部 徳子さん

神奈川県看護協会の相模原支部長に就任した

阿部 徳子さん

中央区田名在住

7月28日号

町田 摩里香さん

NPO「ミライノミカタ」の代表を務める

町田 摩里香さん

大野台在住 44歳

7月21日号

樋川 芳雄さん

公益財団法人神奈川県スポーツ協会の新副会長に就任した

樋川 芳雄さん

陽光台在住 74歳

7月14日号

及川 榮一さん

環境大臣が表彰する令和4年度地域環境美化功労者表彰を受彰した

及川 榮一さん

若松在住 78歳

6月30日号

相武台ほうさい殿ご葬儀個別相談

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

https://www.sougi-itabashi.co.jp/housaiden/26sobudai/

出張サポート窓口開催中

マイナンバーカードの申請出張サポート窓口を市内の商業施設などで開催しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/tetsuzuki/1024432.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook