八王子版 掲載号:2016年2月25日号 エリアトップへ

スギ伐採 花粉は減ったか 都 発生源の植え替え事業

社会

掲載号:2016年2月25日号

  • LINE
  • hatena
スギの木が伐採・植え替えされた、下恩方町にある清水さんの山
スギの木が伐採・植え替えされた、下恩方町にある清水さんの山

 花粉症の季節がやってきた――。東京都では「花粉の少ない森づくり運動」としてスギ林の伐採、花粉の少ないスギ等への植え替えを行っている。2006年度からはじまった事業で、八王子市内でもこれまで約70ヘクタールの伐採・植え替えが行われた。この約10年間で花粉の飛散は減ったのか?成果を探った。

多摩に3万ヘクタール

 多摩地域には花粉を多く飛散させる樹齢30年以上のスギ・ヒノキ林が約3万ヘクタールあると言われている。都と公益財団法人東京都農林水産省振興財団では、06年度からこの主伐事業をスタートさせ、これまで年間5、60ヘクタールの伐採・植え替えを行ってきた。

 下恩方町にある寺院「心源院」の住職、清水智勝さんは4年ほど前、都からこの事業を紹介され、所有する「ひと山」を伐採・植え替えしてもらうことに。寺の西側には50年ほど前に植えられたスギの林が広がっていた。「だいぶ日当たりがよくなりました。また伸びてしまいますけどね」と清水さん。伐採は2年ほどかけて行われた。同財団は所有者から立木を購入し、伐採。切ったスギは無垢材や合板の材料などにする。それらは日の出町にある多摩木材センターで「多摩産材」として販売されている。

 新たに植える「少花粉スギ」は品種改良されたもので、花粉の発生量は通常スギの「100分の1以下」と言われている。植え替えには1ヘクタールあたり3000本のスギの苗木が用意される。植えた後の2〜30年間は、下刈、間伐など森の保育、管理が支援される。

業者不足が課題

 現状、森林所有者からの申込みは多く、09、10年度頃から特にペースがあがっているそう。担当者は課題として「伐採をする業者など事業者自体が不足している」点をあげた。今後は25年度までに合計540ヘクタールの主伐事業を行い、森林を更新する計画だ。

 では実際この10年間で、花粉の量は減ったのか?花粉症の人は症状が軽減されたのか?

 「これだけ広い面積のスギ林がある。花粉が減ったか効果はすぐには見えにくい」と同財団の担当者は話す。また「100年単位でやって(効果があるか)どうか…」とも。一方、清水さんは「そのシーズンになると、屋根から本堂まで黄色に。花粉は、川の流れのように飛散していました」と、当時の量を振り返りつつ、「それが(主伐事業は行われるようになって)だいぶ減りました。目に見えてわかりますよ」

 なお、この主伐事業は当初「花粉発生源対策」として実施してきたが、15年度から仕組みを再構築し、森林の循環を促進し花粉削減と多摩産材の安定供給を図るための「森林循環促進事業」と目的を広めている。

八王子版のトップニュース最新6

ゲンペイ多数 同時に舞う

ゲンペイ多数 同時に舞う 社会

ホタル 川町で「貴重な光景」

7月9日号

小池氏が再選

都知事選

小池氏が再選 政治

市民「コロナ対策に力を」

7月9日号

高尾山の物語 日本遺産に

高尾山の物語 日本遺産に 文化

都内初 「明るいニュース」

7月2日号

2m離れて Tシャツで啓蒙

2m離れて Tシャツで啓蒙 社会

印刷会社が製造、販売

7月2日号

核廃絶訴え活動 

鑓水上田さん

核廃絶訴え活動  社会

3歳で被爆 「使命感ある」

6月25日号

市内AED配備に一役

八王子実践高恩田さん

市内AED配備に一役 社会

消防団のつめ所、提案

6月25日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク