寒川版 掲載号:2011年7月22日号
  • googleplus
  • LINE

被災地に憩いの場を ハウスニュームラ・木ごころ会

長さ3mの木製ベンチ6台を届けた
長さ3mの木製ベンチ6台を届けた

 (有)ハウスニュームラ(宮山・入村一夫社長)と同社の職方からなる「木ごころ会(吉川精二会長)」が6月28・29日に岩手県大船渡市で被災地支援を行った。

 かつて、阪神・淡路大震災が発生した際には、現地で仮設住宅の建設などに関わった同社。3月の東日本大震災後、「何かできることはないか」と考えたとき、仮設住宅に住む人々の心のケアに思い当たったという。

 「憩いの場作りの助けになれば」と、職人らで長さ3mの木製ベンチ6台を作成。同社顧問の知り合いが大船渡市にいたことから、同市のB&G海洋センター内仮設住宅に支援物資を届けることに決まり、6月28日、2tトラックにベンチを積みこんで出発した。

 現地に赴いた10人のメンバーは、被災者らが集まる場所に、ベンチや花を植えたプランターを設置した。入村社長は、「作ったのは木製の頑丈なベンチなので、お年寄りをはじめ、憩いの場所として使ってもらえれば」と話していた。
 

寒川版のローカルニュース最新6件

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

外部リンク