寒川版 掲載号:2011年8月26日号
  • googleplus
  • LINE

タウントピック 後世に伝える戦争の記憶

写真と戦闘機の絵を持つ山上さん
写真と戦闘機の絵を持つ山上さん

 戦後66年―。戦争の記憶を伝える1枚の写真がある。戦闘機の前に立つ精悍な男性。県内に2人しかいなかったという陸軍少年飛行兵、山上直治さんだ。

 「17歳で志願したそうです。礼儀正しい人でした」と語るのは甥にあたる山上喜孝さん(岡田在住)。当時、憧れの的だった少年飛行兵を輩出したことは寒川町の誇りで、直治さんの飛行訓練時に有志が寒川小学校の屋根に「寒川」という文字を書いて、激励を送ったこともあったという。

 直治さんは昭和19年、フィリピン島でアメリカ軍との空戦で戦死した。享年23歳。「生きていれば90歳くらい。こういう人がいたから今日がある。戦争の記憶を風化させないよう後世に伝えたい」と山上さんは話した。
 

寒川版のローカルニュース最新6件

次世代の企業人を育成

子ども未来塾 塾生募集

寒川で拉致問題啓発舞台

西方極楽浄土へのあこがれ

IIIS土曜講座

西方極楽浄土へのあこがれ

8月24日号

エントリー13高校を指定

学力向上進学重点校 県教委

エントリー13高校を指定

8月24日号

全宅連トップに

県宅建協会坂本久会長

全宅連トップに

8月24日号

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

外部リンク