寒川版 掲載号:2016年12月2日号
  • LINE
  • hatena

県公園協会 廃棄枝葉で染め上げ 「ハンカチ」などを商品化

社会

完成したハンカチとバンダナ
完成したハンカチとバンダナ

 これまで廃棄されてきた植物の枝葉などを使い染め上げた「ハンカチ」と「バンダナ」がこのほど完成し、県内12の県立公園で販売されている。この商品は、県立公園の管理運営を行う(公財)県公園協会が初めて開発したもの。原料は、県立辻堂海浜公園のクロマツと県立境川遊水地公園のタチヤナギ・アカメヤナギなど。クロマツ染めは明るい緑色に、またヤナギ染めは深みのあるベージュを実現した。バンダナ(53cm四方・800円)は100枚、ハンカチ(35cm四方・500円)200枚の限定品。

 昨年春、境川遊水地公園の職員が廃棄される枝葉を有効活用しようと草木染を発案。当初は、保土ヶ谷公園のイチョウや大磯城山公園のバラなど様々な植物を試したという。作成時期に手に入る材料などで検討した結果、初回は2色に。同協会では「今後は新しい色にも挑戦したい」と話す。詳細は同協会【電話】045・651・0931。

寒川版のローカルニュース最新6件

山本氏に当選証書

県議管

山本氏に当選証書

4月19日号

プロモーションの一端学ぶ

役場職員

プロモーションの一端学ぶ

4月19日号

元号予想239点を展示

「永和」「成和」「幸和」など 総合図書館

元号予想239点を展示

4月19日号

そろばん優良者を表彰

珠算連盟茅ヶ崎支部

そろばん優良者を表彰

4月19日号

寒川柔友会が全国へ

ハワイ検定に挑戦しよう

アロハマーケット2019

ハワイ検定に挑戦しよう

4月19日号

寒川版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク