寒川版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

寒川の6人が入賞 県福祉作文コンクール

教育

 第41回神奈川県福祉作文コンクールの入選者が発表され、寒川町から小学生3人、中学生3人の計6人が入選した。「おもいやり」や「たすけあい」の心を育み「ともに生きる福祉社会」の実現を目指し、9621編の応募があった。

 町内の受賞者は次の通り(敬称略)〈小学生の部〉〇最優秀賞(日本放送協会横浜放送局長賞)「ひいおばあちゃんはわすれんぼう」小島由楽(一之宮小2年)○準優秀賞「家族を通じて感じた福祉」中野流那(一之宮小6年)○準優秀賞「目指すべき福祉社会」高塩玲寿(南小6年) 〈中学生の部〉〇最優秀賞(テレビ神奈川社長賞)「笑顔をつくる介護」加藤紫乃(旭が丘中3年)○優秀賞「『ふ』だんの『く』らしを『し』あわせに」阿部百葉(旭が丘中3年)○準優秀賞「ほんの少しの勇気」打田里奈(旭が丘中3年)

寒川版のローカルニュース最新6件

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月11日号

お問い合わせ

外部リンク