寒川版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

聖天橋が通行可能に 幅員7・5m 安全性向上

経済

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena
寒川側から茅ヶ崎方面を望む、架け替え後の聖天橋(上)と架け替え前(下)
寒川側から茅ヶ崎方面を望む、架け替え後の聖天橋(上)と架け替え前(下)

 寒川町と茅ヶ崎市に架かる一級河川小出川の聖天橋(しょうてんばし・寒川町大曲2丁目〜茅ヶ崎市香川5丁目)が供用開始となった。歩行者等の安全性が確保され、円滑な通行の確保が実現することになる。

 神奈川県の事業である小出川河川改修事業に伴い、共同事業として架け替え整備を平成27年から進めてきた。橋りょうの概要は延長42・3m、幅員7・5m。整備費用は約2億3千万円。今後は、これまでに通行していた仮橋を撤去したのち、雨水排水工事(寒川町側)と一部護岸整備を実施し、平成30年度内の完了を目指す。

寒川版のローカルニュース最新6

たくましい子に育てよう

家庭教育講座

たくましい子に育てよう 社会

5月14日号

中央公園脇、午前中が見頃

心合わせて、ジャンプ

川とのふれあい公園で大会

心合わせて、ジャンプ スポーツ

5月14日号

夢の「人工フォアグラ」

夢の「人工フォアグラ」 文化

ベンチャー企業が研究開発

5月14日号

行政手続押印、8割廃止

茅ヶ崎市

行政手続押印、8割廃止 社会

6月末までに

5月14日号

天才万博

おもちゃ箱のよう

天才万博 教育

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter