寒川版 掲載号:2018年9月7日号 エリアトップへ

金子由美子さんが一等二席 梨品評会 寒川2人が入賞

経済

掲載号:2018年9月7日号

  • LINE
  • hatena
湘南各地の自慢の梨が勢ぞろい
湘南各地の自慢の梨が勢ぞろい

 寒川町、海老名市、綾瀬市、大和市及び湘南梨組合連合会主催の第59回湘南梨品評会が8月17日、大和市役所正面玄関前で開催された。

 この品評会は、各市町の梨生産農家らが生産した梨の外観、品質等を比較検討し、優良果実生産の栽培方法を研究するとともに、地域特産物の育成を図り、消費者に広く紹介することを目的に開催されている。会場は4市町持ち回りで行われており、寒川町は昨年の会場となっていた。

 審査は、当日午前10時から神奈川県農業技術センター普及指導部長及び専門職員1人の計2人のチェックにより行われ、出品された梨の形、色、大きさ、揃い、糖度などの品質をチェックし、入賞者が選ばれた。

 主な審査結果は、優等(神奈川県知事賞)が大和市の関水千代子さん、一等一席(大和市長賞)が海老名市の二見昌実さん、一等二席(大和市議会議長賞)が寒川町の金子由美子さん、一等三席(大和市農業委員会会長賞)が寒川町の金子共秀さんだった。

最多出品は寒川

 出品総数は80点で、上位4点の品種は全て幸水。市町別では寒川町33点、大和市24点、綾瀬市11点、海老名市12点(参考出品3点含む)で、寒川町が最多だった。

 当日は午前11時30分から一般観覧が開始され、多くの人々が会場に見物に訪れた。午後3時からの即売会では、上位入賞者の梨から次々と売れていき、15分ほどで完売となった。

寒川版のローカルニュース最新6

子どもの夢に最大5万円

子どもの夢に最大5万円 文化

NPOが「こどもファンド」開始

5月13日号

「誰もが体験できる」農園

小谷の柳下さんが運営

「誰もが体験できる」農園 社会

投げ銭型、短時間、一組交代制

5月13日号

南部公民館で防災気象講座

南部公民館で防災気象講座 社会

6月11日 受講者募集

5月13日号

「やさしさと力強さ、知れた」

商工会女性部が40周年

「やさしさと力強さ、知れた」 経済

5月13日号

シャクヤク全国へ

シャクヤク全国へ 社会

大谷芍薬園「朝5時から収穫」

5月13日号

暴力団排除を訴え

暴排協と警察署

暴力団排除を訴え 社会

懸垂幕を設置

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook