寒川版 掲載号:2018年11月16日号 エリアトップへ

流生君 今年も日本王者 曽我さん一家 世界目指す

スポーツ

掲載号:2018年11月16日号

  • LINE
  • hatena
左から弟の玲葵君、父親の曽我英士さん、流生君
左から弟の玲葵君、父親の曽我英士さん、流生君

 倉見在住の曽我流生(りゅうき)君(旭小6年)が第1回ジュニアチャンピオンリーグ全国大会U―12・35kg級で優勝した。ボクシング界の仕組みが変わり、大会名は違うが流生君は昨年に続く戴冠。今回はプロ主催の大会となり、スポンサー付きのパンツ姿で、昨年はもらえなかったチャンピオンベルトを誇らしげに掲げた。

 普段の練習は平塚市のチームテンカウントで。縄跳び、ダッシュ、サンドバッグの連打などの徹底でパワーアップし、着実に力をつけた。「自信はあった。優勝は嬉しい」と流生君は話し、父親の曽我英士さんも「ミットで受けるパンチに力強さを感じた」と目を細めた。

 また、弟の玲葵(れつき)君(旭小4年)がデビューしたが、惜しくも敗退。曽我さんは「流生も最初は負けた。その悔しさをバネにした。玲葵も来年はきっと」と頼もしそうな表情。曽我親子の世界への道は始まったばかりだ。

<PR>

寒川版のローカルニュース最新6

4月下旬にワクチン到着

4月下旬にワクチン到着 社会

寒川にはまず1箱(975回分)

4月16日号

耳を澄ませば「加山さん」

浜降祭は今年も中止

剣の舞

花彩る神前

剣の舞 文化

4月16日号

寒川の課題聞き取る

寒川の課題聞き取る 文化

JCが町長訪問

4月16日号

江戸時代の一之宮村へ

4月24日(土)

江戸時代の一之宮村へ 文化

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter