寒川版 掲載号:2020年12月18日号 エリアトップへ

「午後の紅茶」など大型容器を軽量化 439トン樹脂削減

経済

掲載号:2020年12月18日号

  • LINE
  • hatena
軽量化した大型容器
軽量化した大型容器

 倉見に工場を構えるキリンビバレッジが「午後の紅茶」「生茶」などの大型ペットボトルを12月製造品から16%軽量化している。従来の38・2gから、32・2gとし、年間で樹脂使用量を439トン分を減らす。CO2換算で年間1515トン分という。

 同社では自動販売機用ペットボトル商品の一部のラベルを今年9月から薄く、面積を小さくしている。従来のラベルは熱で収縮させて装着するタイプで、一定の厚みが必要だったが、巻くようにして貼るタイプに変えることで薄くできたという。

 年間180トンの樹脂を削減(CO2換算で年400トン分)する。

1周年記念 特別大感謝セール

11月23日㈫~11月29日㈪まで全品10%オフ!

https://baniku.thebase.in/

<PR>

寒川版のローカルニュース最新6

北口名物点灯開始

事務手続講座

人生の最期に必要な

事務手続講座 社会

11月19日号

2回目接種率79%

14日まで

2回目接種率79% 社会

感染確認ゼロ続く

11月19日号

クリスマスコンサート

1授業に外国人指導者8人

旭が丘中で今月研究授業

1授業に外国人指導者8人 教育

11月19日号

12月5日(日)寄せ植え講座

あっとほーむデスク

  • 8月27日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook