寒川版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

町の保健対策チームが着ける 三つの輪 その意味は

社会

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena
30人ほどが着けている
30人ほどが着けている

 役場内の「保健対策ケアチーム」の職員が、2月頃から3つの輪を胸に下げている。コロナ禍でも「おかえり」「ただいま」と言い合える偏見のない街を作ろうという、愛媛県発祥の「シトラスリボンプロジェクト」の象徴だ。3つの輪は地域・家庭・職場(学校)を意味する。コンセプトに賛同した職員の一人が手芸素材で手作りした。  ある職員は「啓発の目的ですが、胸に下げていると、自分の心を省みるきっかけになる。気づかされる事も。自分のためでもあるのかな」。
 

寒川版のローカルニュース最新6

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter