神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
寒川版 公開:2024年3月29日 エリアトップへ

ライムスター・Mummy-Dさん 初のソロアルバムを発売 「実は、寒川に暮らしていた」

文化

公開:2024年3月29日

  • X
  • LINE
  • hatena
Mummy-Dさん=3月14日、横浜みなとみらい21にて
Mummy-Dさん=3月14日、横浜みなとみらい21にて

 「実は、寒川に暮らしていたことがある」という、ヒップホップグループ「ライムスター」のラッパー・Mummy─D(本名・坂間大介)さんが3月13日、初のソロアルバム「Bars of My Life」をリリースした。半生やアルバムについて話を聞いた。

 Mummy─Dさんは横浜市生まれのラッパー。早稲田大学に進学すると、在学中の1989年に宇多丸さんと出会い「ライムスター」を結成。ヒップホップが定着していない時代にライブ活動を重ね、2001年にメジャーデビュー、2007年と今年は日本武道館でライブを行うなど、日本のヒップホップ界をけん引してきた。また、サウンドプロデューサー、役者、ナレーターとしても活躍している。

 今回、発売された初のソロアルバム「Bars of My Life」。中でも「バックミラーの中の街」では、馬車道、関内、元町、本牧、山手、山下など横浜の地名が歌詞の中に多く登場する。Mummy─Dさんによると「地元横浜への気持ちはあるが、現在の活動拠点は東京。近くて遠いと感じる。そこでグループでは歌えない地元の曲を歌った」とのこと。また「歌詞の地名は、かつての横浜をイメージしている。加齢で古くなる自分と、変わっていく横浜を重ね合わせた」とも話した。

ブレイクダンスから影響

 中学時代に過ごした上大岡を「不良と音楽の街」と語る。当時の上大岡ではブレイクダンスが若者の間で流行。現在の音楽に影響を与えた。また、貸しレコード店も多く、エイベックス(株)代表取締役会長の松浦勝人さんが働いていたことでも知られる「友&愛」には頻繁に通った。ヒップホップやユーロビートを好んで聴いたことが現在のスタイルにつながる。

 さらにアルバムの中で「人生の伏線回収のような曲」と語るのが「Be Alright(Mr.Drunk Remix)feat.ミッキー吉野」だ。人気バンド「ゴダイゴ」のメンバーミッキー吉野さんとのコラボ曲で、同バンドはMummy─Dさんの音楽における原体験だという。「それまでの曲が歌中心に作られていたのに対し、ゴダイゴは歌と楽器が共に前に出ている。洗練されていた」と小学校時代に聴いたゴダイゴを回顧した。

一之宮小に通学

 アルバムのリード曲にもなっている「Bars of My Life」は、自身の半生を歌った。茅ヶ崎というワードについて掘り下げる中で、「実は寒川に暮らしていたことがある」と発言。短期間ではあるものの、一之宮小学校に通学していたという。「急に気になることがある」と、地図アプリで当時暮らしていた地域を見るが、「まちの雰囲気が変わっていて、分からないよね」と苦笑。「機会があれば立ち寄りたい」

 今回のアルバムについては「共感してもらえる歌詞が多い。ラップを聴いたことない人も聴いてほしい」と話した。

一之宮小学校時代のMummy-Dさん(中央)。母と弟と一緒に=本人提供
一之宮小学校時代のMummy-Dさん(中央)。母と弟と一緒に=本人提供

寒川版のローカルニュース最新6

3人制テニス・トリプルスを推進

町テニス協会

3人制テニス・トリプルスを推進

経験・年齢問わずプレー可

6月7日

夏至のダイヤモンド大山

町観光協会

夏至のダイヤモンド大山

ビューポイントを紹介

6月7日

文化芸術情報を一冊に

神奈川県

文化芸術情報を一冊に

県内イベントを紹介

6月7日

所属委員会が決定

山本哲県議 県議会

所属委員会が決定

6月7日

子ども・若者の声を形に

子ども・若者の声を形に

事業提案を募集

6月7日

美術や陶芸の力作ずらり

入場無料

美術や陶芸の力作ずらり

町民センターで作品展

6月7日

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook