さがみはら南区版 掲載号:2012年10月11日号
  • googleplus
  • LINE

13日、ライブイベントを行う「常福寺(じょうふくじ)」(南区新戸)第27代住職 原和彦(わげん)さん 南区新戸在住 56歳

アートな禅寺(ぜんでら)「己を探す」

 ○…サックスやアフリカの民族楽器、更(さら)にはターンテーブルまで登場する。そこに、身体芸術まで加わることも。ステージはあの建長寺(鎌倉市)の系統に属する、創建700年の禅寺の本堂。「演奏前には、参加者に必ず座禅を組んでもらいます」。現代芸術と禅のコラボレーション――。自身で企画・運営を行い、今では30回を越える現代アートの名物イベントに。「芸術家も座禅を行う人も、どちらも自分にひたすら向き合う。内実は似ています」。2つの”自己究明”のあり方が、この秋も共鳴し合う。

 ○…寺院のあるこの地で生まれ育つ。キリスト教系の大学へ通い、専門は機械工学だった。企業に勤めたが、愛着ある故郷(寺)は捨てられず。27代住職になり20年弱。「檀家以外に対しても、宗教が果たせる社会的な役割があるはず」。人生への不安、自身の生き様、生死…。日常の中でそんな課題を直視する場が、この現代にどれほどあるのかが気がかりだった。そもそも音楽・舞踊は、古代から宗教に欠かせないもの。平成4年4月4日午後4時44分44秒、初のライブの幕が開けた。

 ○…妻と3人の娘と暮らす。「次女の時は、結局1度も運動会には行けなかった」。仏事はだいたい日曜日。なかなか家族との時間はとれなかった。それでも、2歳の三女のこととなると「これだけ年が離れていると、孫みたいで」と、顔をくしゃり。

 ○…2001年からは、ライブ同日に講演会も実施するように(春のみ)。養老孟司、松田美由紀など、そうそうたる文化人を口説き落とした。芸術家の魂の底からの自己表現、ゲストスピーカーが語る壮絶な「生と死」の問題が、多くの来場者を揺さぶってきた。「私ですか?自分は自分とぴったり一緒ですから、イベントを通じてどう変わってきたかはよくわかりませんね。座禅もまだまだ半端ですし」。本来の己を探し続けるということは、なるほど一筋縄ではいかぬ難しい道のりなのだ。
 

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

片山 真さん

相模原南警察署長に着任した

片山 真さん

4月12日号

杉山 愛莉さん

卒業制作「大猫(びょう)行列」がギオン相模原大賞、女子美術大学卒業制作賞を受賞した

杉山 愛莉さん

3月29日号

鈴木 雅彦さん

地元相模原で生まれ育ち、初めて剣道最高段位「八段」を取得した

鈴木 雅彦さん

3月22日号

小野寺 彩(ひかり)さん

ユニコムプラザさがみはらで展示中の作品「ゆめうつつ」を制作した

小野寺 彩(ひかり)さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「さくら」の競演

「さくら」の競演

相模川芝ざくらまつり

4月1日~4月20日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク