さがみはら南区版 掲載号:2014年7月31日号 エリアトップへ

川柳・水野さんが”超”入門書 ターゲットは50歳代  発想法などわかりやすく

掲載号:2014年7月31日号

  • LINE
  • hatena
水野さんは1992年に毎日新聞の投句コーナー「仲畑流万能川柳」に初入選し、2002年には年間大賞に選ばれた。2010年に万能川柳の殿堂入り
水野さんは1992年に毎日新聞の投句コーナー「仲畑流万能川柳」に初入選し、2002年には年間大賞に選ばれた。2010年に万能川柳の殿堂入り

全編書き下ろし 「読めば詠みたくなる」投句コーナーでおなじみ

 本紙投句コーナー「タケシの万能川柳」選者で、コピーライターの水野タケシさん(49)=南区相模台在住=が24日、初の「川柳入門書」を出版した。

 書名は「これから始める俳句・川柳 いちばんやさしい入門書」(池田書店)。俳人・神野(こうの)紗希さんとの共著。神野さんが俳句を、水野さんが川柳部門を担当した。内容は、「川柳と俳句の違い」「川柳作家と俳句作家の違い」「川柳の発想法」など。全128ページ、定価1250円(税別)。

 「川柳などは定年後、60歳を過ぎてから始める人が多い。この本はその前に読んでもらいたい。早く始めた方が長く楽しめますよ」と水野さん。通常このような入門書は伝統ある団体(グループ)が主体となったり、団体の長が監修のみを請けおったりすることが多いそう。今回は出版社が「50歳代をターゲットにした入門書」を企画。そこで、若く実力があり、”新しい人”ということで水野さんに白羽の矢が立った。水野さんは今年4月に打診され、3カ月をかけ、原稿を書き下ろした。

参考書のよう

 一般的な入門書が教科書であるなら、この著書はわかりやすい参考書のよう。「私自身20代の頃、(明治の人が書いたような)川柳の入門書を読んであまり興味がわかず、俳句の道にむかったこともあります(その後、川柳に戻る)」。全国で俳句に興ずる人は約200万人いるそう。それに対し短歌・川柳は合わせて30万人。しかし、潜在的に川柳を詠んでいる人は”俳句人口”より多いという。「川柳に関心がない人が読んでも面白いと思える内容です。『こんなんでいいんだあ』と思ってもらえたら」。本の中には「ウルトラマン」「合コン」「ドンペリ」などのゆるめのキーワードも登場。また「社長」というキーワードをもとに、「社長が居酒屋に忘れてきたカツラを取りに行かされた」というエピソードを創作し、そこから五七五にまとめる例などを記載している。

まずは一句

 「一句作るとすぐその次もできます。なので、この本で最初の一歩の背中を押すことができれば。作ることが習慣になるでしょう。みんな『私(が作るもの)はつまらない』という壁があるんです」と水野さん。なお、本紙で連載中の「タケシの万能川柳」については、「川柳は着眼点が命。選句は上手かそうでないかより、新鮮さ、勢い、リアリティなどに主眼を置いています」とのこと。ちなみに取材中(7月23日、中国「チキン」報道の真っただ中)、水野さんに詠んでもらった一句は「抵抗力 つけたく食べる 中国産」。時事ネタにひねりを加えたブラックユーモアな作品だ。

 書籍に関する問い合わせは池田書店【電話】03・3267・6821へ。

【プレゼント】この入門書(サイン入り))を本紙読者2名にプレゼント。希望の人はハガキで応募を。住所、氏名、本紙で関心をもった記事、水野さんへのメッセージを明記の上、〒252-0239相模原市中央区中央2の6の4タウンニュース水野さん係りへ。締め切りは8月7日(木)。当選者の発表は発送をもって。

中身をちら見。松尾芭蕉の句のとなりに水野さんの句が並ぶ
中身をちら見。松尾芭蕉の句のとなりに水野さんの句が並ぶ

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

民謡民舞の成果競う

民謡民舞の成果競う 文化

20日 市民会館で

10月17日号

ビニール袋プレゼント

ビニール袋プレゼント 経済

酒販組合キャンペーン

10月17日号

高崎隆二さんが感謝祭

入場無料

高崎隆二さんが感謝祭 文化

22日 あじさい会館

10月10日号

近大の広報戦略に迫る

近大の広報戦略に迫る 経済

さがみはら商人思草塾

10月10日号

日越の友情コンサート

枯葉剤被害者支援

日越の友情コンサート 文化

南市民ホール

10月10日号

免許返納者へ支援を

免許返納者へ支援を 社会

交通安全キャンペーン

10月10日号

「バリア」を体験

「バリア」を体験 社会

車いすで街歩き

10月10日号

あっとほーむデスク

  • 10月17日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

  • 8月29日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高崎隆二さんが感謝祭

入場無料

高崎隆二さんが感謝祭

22日 あじさい会館

10月22日~10月22日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク