さがみはら南区版 掲載号:2015年12月17日号 エリアトップへ

人権擁護委員としての功績が認められ、法務大臣表彰を受けた 山口 アサ子さん 相武台在住 68歳

掲載号:2015年12月17日号

  • LINE
  • hatena

肩肘張らず自然体で

 ○…「頼りがいがあるとは思えないのですけど…」。12年間にわたり人権擁護委員を務めてきた功績がこのほど認められ、法務大臣表彰を受けた。謙遜するが、全国でも133人、相模原市からは唯一の表彰者だ。「最初は2期6年と思っていましたが、そこでようやく委員の役割が分かってきた。気付けば12年。表彰を受けて辞めるのも心苦しいので、あと1期は務めることにしました」と微笑む。

 ○…人権擁護委員の主な仕事は「相談」と「啓発」。夫婦間の暴力や子供のいじめなど、親類や友人などには話しづらいことの相談に乗る。また啓発活動では地域のイベントなどにも積極的に参加。物品等を配布して周知に努める。「自分も委員になるまで存在を知らなかった。だから、なってからは学生の時より勉強しました」と苦笑い。相談の中には重い悩みもあるが、「聞いてもらえるだけで気が楽になった」との言葉が何よりの支え。それでも常に「これでよかったのか」と自問自答してしまうそう。

 ○…綾瀬市出身で8人兄弟の4番目。男兄弟に挟まれたためか、木登りや野球で遊ぶ男勝りな子どもだった。現在の趣味は登山と陶芸。夫と出会ったのも、従兄に誘われて登った高尾山。「実は小学生の遠足で大山に行った際、登頂できなかった経験があって、登山は余り好きではなかった」と笑う。しかし、いつしか登山を通じて親交を深め、後に結婚。今でも夫婦で地元の山岳会に入り、近隣の山を中心に山歩きを楽しんでいる。

 ○…相談員の役割は当番制のため、相模原市だけでなく横浜市などでも電話相談を担当することも。「私たちの仕事は問題解決ではなく、聞くことが主眼。その分、歯がゆさもある」。ただ、委員の存在の重要性も実感している。「自分が聞くのも話すのも好きなので、大それた事をしている気はないけど、悩んでいる人の心の拠り所になりたいですね」と力を込めた。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

永保 固紀(もとのり)さん

2020年度市民文化表彰を受賞した

永保 固紀(もとのり)さん

中央区水郷田名在住 77歳

1月14日号

飯塚 侑さん

1月1日付で公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した

飯塚 侑さん

緑区大島在住 36歳

1月7日号

秋山 太郎さん

4人組お笑いユニット「ガーリィレコードチャンネル」として活動する

秋山 太郎さん

南区相模台出身 28歳

1月1日号

でえぬのよすこさん(本名:米田好子)

ボランティアで培った歌唱を動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信する

でえぬのよすこさん(本名:米田好子)

相模大野在住 79歳

12月10日号

大野 幸治さん

このたび相模原市少年鼓笛バンド連盟の会長に就任した

大野 幸治さん

旭町在住 49歳

11月26日号

草野 佑太さん

1月に発足したバスケットボールチーム「相模原プロセス」の代表を務める

草野 佑太さん

相模大野在住 23歳

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク