さがみはら南区版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

相模原市新火葬場 「青山」を最終候補地案に 地域住民への説明を開始

社会

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena

 「相模原市新たな火葬場を考える会」の会合が先ごろ開かれ、2024年の供用開始に向け、整備を予定している市営斎場の最終候補地案を緑区の「青山」として進めていくことが決まった。市は9月15日から地域住民への説明会を開催。住民からの意見を踏まえ、11月頃に最終候補地として決定したいとしている。

 これまで候補地として挙げられていたのはいずれも緑区の「寺沢奥南」「土沢北」「青山」(帝京グラウンド)の3カ所。市は最終候補地案を選ぶにあたり、費用面(概算造成費・用地費)、環境面(周辺人家数、森林伐採面積)、交通利便性(津久井広域道路などからのアクセス、バス交通状況)、事業効率性(施工期間、対象地権者数)の項目を設定。それぞれの評価を点数化し、比較検討した結果、合計88点となった「青山」が最終候補地案として決まった。

 「青山」は概算総事業費が約1・84億円と最も低く、費用面において他の2カ所と大きな差をつけている。この場所は現在帝京大学のグラウンドとなっているため、森林伐採面積も約4300平方メートルと少ないことなども点数に反映されている。

 9月15日には津久井文化福祉会館で、地域住民に向けた初めての「新たな火葬場に係る説明会」が開かれ43人が参加。新火葬場整備の経緯や最終候補地案の選定について、市区政支援課職員から説明があった。

 住民からは「検討結果などの情報をもっと発信してほしい」「費用ではなく近隣住民への配慮を重視するべきでは」等の意見や要望が上がり、市は回答した上で、「今後も周辺住民への個別説明も含め、継続して市民への説明を行っていく」と話した。

 同課は「考える会や説明会で頂いた意見を踏まえ、ご理解を頂いた上で、11月を目途に最終候補地として決定していきたい」としている。その後、基本計画策定などを経て、2019年には建設予定地として定めていく予定だという。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

区制10周年記念切手を販売

日本郵便

区制10周年記念切手を販売 社会

各区と共同作成で3種類

7月2日号

都県を越えて啓発活動

交通安全

都県を越えて啓発活動 社会

3署合同でキャンペーン

7月2日号

SC相模原、27日初戦

サッカーJ3

SC相模原、27日初戦 スポーツ

コロナ禍経て、開幕へ

6月25日号

ひとり親支援などに18億

6月補正一般会計

ひとり親支援などに18億 経済

キャッシュバックも可決

6月25日号

甲子園で交流試合

「幻の選抜」

甲子園で交流試合 スポーツ

東海大相模も招待校に

6月18日号

座間さんが大臣賞に

消費者支援功労者表彰

座間さんが大臣賞に 社会

市内初 37年間の活動評価

6月18日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

低価格の安心リフォーム!

品質と価格で選ばれているアイテリアナカムラにお任せください!

https://aiteria-n.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク