さがみはら南区版 掲載号:2018年2月1日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

脚のむくみ、だるさが兆候 「下肢静脈瘤、気づいて」 専門医による外来を設置

 脚の「むくみ」や「だるさ」に潜み、潜在患者は日本人の10人に1人ともいわれる下肢静脈瘤―。放置しておくと、血管がコブ(瘤)の様にふくらみ、皮膚病変など様々な症状を起こすことから早期発見が非常に重要だとされる。

 かぬまだいけやきクリニック(淵野辺十字路そば)では、専門に「足のむくみ外来」を設置。より気軽に受診しやすい環境づくりを整えることで、同疾患の早期発見・治療に努めている。

 治療方針は患者の症状の程度と要望にあわせて決定。先進的高周波治療装置(ラジオ波)による血管内焼灼術やストリッピング術、硬化療法など様々な日帰り手術(保険診療)に対応する。同外来を担当する大久保博世医師は「低侵襲治療である下肢静脈瘤血管内焼灼術など身体への負担が少ない治療法をお勧めします。安心して受診におこし下さい」と呼びかける。

 同クリニックはかかりつけ医機能を持ちながら、各種専門外来を設置。月曜(午前/午後)、火曜(午前)、水曜(午後)、金曜(午後)。予約優先。詳細は【電話】を。

かぬまだいけやきクリニック

〒252-0233 神奈川県相模原市中央区鹿沼台2-18-6 大谷第1ビル3F

TEL:042-707-0426

http://kanumadaikeyaki-clinic.com/

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のピックアップ(PR)最新6件

税理士を味方に 頼れる相談会

三井住友トラスト不動産

税理士を味方に 頼れる相談会

5月16日号

進歩する肺がん治療

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

進歩する肺がん治療

5月16日号

1万株のルピナスを堪能

津久井湖城山公園

1万株のルピナスを堪能

5月16日号

気持ちよく歌えるボーカル

楽しい!

気持ちよく歌えるボーカル

5月16日号

多角的事業戦略の未来に迫る

新時代「令和」も新たな価値を創造 改元特別インタビュー

多角的事業戦略の未来に迫る

5月1日号

弁護士は地域の発展と共に

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク