さがみはら南区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

(PR)

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜 「涙目の治療について」 新百合ヶ丘総合病院

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena
眼科 嶺崎 輝海医師
眼科 嶺崎 輝海医師

 眼科を受診される患者さんの症状で最も多いのは「視力低下」で、次に「痛み」や「かゆみ」といったものがあり、4番目に「涙目」があげられます。

 涙目はその発症様式から「分泌性流涙」と「閉塞性流涙」に分けられます。前者は結膜炎であったり、角膜上皮に傷があったり、何らかの目の病気に付随して起こる症状で、治療の主体は点眼薬です。後者は涙道という、目頭から鼻腔に続く涙の排出管のどこかが詰まってしまい、涙目になってしまう状態です。治療は涙道内視鏡という直径約1㎜の内視鏡を涙道に通し、詰まってしまった部位を開通させます。

 昨年から当院では、涙道内視鏡を始め、日帰りで治療を始めています。もし涙目でお困りのことがありましたら、一度専門医を受診してみてください。
 

新百合ヶ丘総合病院

川崎市麻生区古沢都古255

TEL:044-322-9991

http://www.shinyuri-hospital.com/

さがみはら南区版のピックアップ(PR)最新6

足のだるさ、ウィズコロナ時代に悪化する「下肢静脈瘤」

新規開院

足のだるさ、ウィズコロナ時代に悪化する「下肢静脈瘤」

相模原町田血管外科クリニック

10月22日号

「居心地の舞台裏」お見せします

事前予約制

「居心地の舞台裏」お見せします

(株)内田材木店が構造・断熱見学会

10月22日号

国・県・市の行政相談所

国・県・市の行政相談所

11月18日、ユニコムプラザで

10月22日号

「予防接種、はじめました」

インフルエンザに注意が必要

「予防接種、はじめました」

パークスクエアクリニック

10月15日号

中央林間支店で年利0・18%上乗せ

スルガ銀行

中央林間支店で年利0・18%上乗せ

50周年の感謝を込めて 12月30日まで実施中

10月15日号

風疹と妊娠

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

風疹と妊娠

三成会 新百合ヶ丘総合病院

10月8日号

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク