さがみはら南区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

(PR)

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜 「涙目の治療について」 新百合ヶ丘総合病院

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena
眼科 嶺崎 輝海医師
眼科 嶺崎 輝海医師

 眼科を受診される患者さんの症状で最も多いのは「視力低下」で、次に「痛み」や「かゆみ」といったものがあり、4番目に「涙目」があげられます。

 涙目はその発症様式から「分泌性流涙」と「閉塞性流涙」に分けられます。前者は結膜炎であったり、角膜上皮に傷があったり、何らかの目の病気に付随して起こる症状で、治療の主体は点眼薬です。後者は涙道という、目頭から鼻腔に続く涙の排出管のどこかが詰まってしまい、涙目になってしまう状態です。治療は涙道内視鏡という直径約1㎜の内視鏡を涙道に通し、詰まってしまった部位を開通させます。

 昨年から当院では、涙道内視鏡を始め、日帰りで治療を始めています。もし涙目でお困りのことがありましたら、一度専門医を受診してみてください。
 

新百合ヶ丘総合病院

川崎市麻生区古沢都古255

TEL:044-322-9991

http://www.shinyuri-hospital.com/

未来へつなぐ、家づくり

相模原で30年。お客様の暮らしに寄り添った住宅をお届けします。

http://www.thirty-four.co.jp

相模原市から大切なおしらせ

市民税非課税世帯等に臨時特別給付金を支給しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/fukushi/1024533.html

<PR>

さがみはら南区版のピックアップ(PR)最新6

介護施設の種類や選び方を学ぶ

やまとイキイキ健康セミナー 参加者を募集中 参加無料

介護施設の種類や選び方を学ぶ

楽しく体を活性化「音楽療法」のレクチャーも有

6月30日号

こどもタウンニュースさがみはら版

この夏、特別金利を上乗せ

スルガ銀行

この夏、特別金利を上乗せ

選べる3つの定期預金

6月30日号

”お盆の迎え方”を詳しく解説

「いつから飾るの?」そんな疑問など… (株)永田屋

”お盆の迎え方”を詳しく解説

6月16日号

草むしり

金城理事長の徒然話【16】

草むしり

6月16日号

今から考えたい相続・遺言無料『終活』相談会

今から考えたい相続・遺言無料『終活』相談会

12日、15日 ユニコムプラザで

6月9日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook