さがみはら南区版 掲載号:2018年8月30日号 エリアトップへ

相模の大凧まつり 来年は「新元号」が題字に 一般公募は行わず

文化

掲載号:2018年8月30日号

  • LINE
  • hatena
今年5月に揚げられた「翠風」と書かれた大凧。来年は何という2文字が書かれた凧が揚がるのか
今年5月に揚げられた「翠風」と書かれた大凧。来年は何という2文字が書かれた凧が揚がるのか

 毎年5月4日・5日に開催され、「かながわのまつり50選」にも選ばれている相模原市の伝統行事「相模の大凧まつり」。これまで大凧に書かれる題字は公募を行ってきたが、「相模の大凧文化保存会」(川崎喜代治会長)では来年5月1日に控える改元と新天皇の即位を祝うため、次の題字を新元号の2文字にすることを決定した。

 相模の大凧は天保年間(1830年頃)から始まったとされ、190年近い歴史を持つ新磯地域の行事。公募によって決定した題字の書かれた大凧を揚げるもので、今年の題字は「翠風」、昨年は「輝星」だった。

 記録に残るもので最も古い題字は、日清戦争に勝利した1895年の「祝勝」。その後も太平洋戦争中の「必勝」(1942年)、相模原市政50周年を祝う「祝相」(2004年)など世相を反映した題字が書かれてきた。平成が始まった1989年は昭和天皇の崩御で中止されたが、翌90年に「平成」の題字が書かれた大凧が揚がっている。

 川崎会長によれば、来年は大凧まつり直前に改元されることから公募はせず、新元号を題字とする。市長による揮毫も行わない予定だ。一方で懸念されるのは作業日程。通常は2月頃から題字書きに入るが、新元号の発表が来年4月頃と想定されているためだ。それでも川崎会長は「題字以外の準備を進めておき、発表と同時に着手すれば間に合うと思う。新元号の書かれた凧を高く揚げ、地域みんなで時代の節目をお祝いしたい」と話している。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

交通事故が急増中

南署管内

交通事故が急増中 社会

高齢者、自転車は県内最多

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 社会

公社と相模女子大が協定

2月13日号

「常笑」胸に初優勝

東海大相模女子バスケ

「常笑」胸に初優勝 スポーツ

アレセイアの連勝止める

2月6日号

「史上最高」を目指して

ノジマステラ神奈川相模原

「史上最高」を目指して スポーツ

2020新体制発表

2月6日号

9年ぶりの頂点目指す

東海大相模

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

「春の選抜」出場決定

1月30日号

「原爆」作品、米大学に収蔵

写真家江成常夫さん

「原爆」作品、米大学に収蔵 文化

日本人初 「核廃絶で意義」

1月30日号

国内最高峰の大会誘致

自転車ロードレース

国内最高峰の大会誘致 スポーツ

「五輪後のレガシー」実現へ

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク