さがみはら南区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

(PR)

特別養護老人ホーム「縁JOY」職員都合でなく「入居者のために」 "その人らしく"暮らせる施設

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
「職員ケアにも力を」と池永施設長
「職員ケアにも力を」と池永施設長

 市内最大級の福祉グループ・社会福祉法人相模福祉村(赤間源太郎理事長)。同法人運営の2つの特別養護老人ホームのうち、より「家庭に近い」新型特養が全室個室のユニット型施設「縁JOY」(中央区田名)だ。

 同施設は入居者の「その人らしい生活」の支援に力を入れる。池永ひとみ施設長は「当施設は10名単位のユニット型で、入居者の方が一つの家族のように過ごされています。地域での暮らしを施設で送れる、その姿が理想だと考えます」と話す。

 「入居者のため」にこだわる同施設はケアの見直しにも余念がなく、2年前には「ユニットケア推進委員会」を設置。管理職やケアマネジャー、現場の介護職員らが入居者の日々の暮らしぶり、趣味嗜好などを共有し合い、「職員都合のケア」にならないよう努めている。

地域交流も

 「地域に開かれた施設に」。同施設ではこの考えのもと、夏祭りや清掃活動、入居者が参加できるイベントなどにも積極的。近隣の田名小学校とは施設見学や認知症サポーター養成講座の開催など年間を通じ交流を図っている。「介護が必要だから縁JOYに、ではなく些細な悩みでも相談できる施設でありたい。気軽に立ち寄ってもらえたら嬉しいですね」

 こうした介護サービスの向上に努めている点が認められ、同施設は昨年、優れた事業所を表彰する「かながわベスト介護セレクト20」を市内で唯一受賞している。
 

社会福祉法人相模福祉村

縁JOY(相模原市中央区田名7691-1)

TEL:042-764-1110

http://fukushimura.or.jp/

さがみはら南区版のピックアップ(PR)最新6

口腔がんの前ぶれ

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

口腔がんの前ぶれ

新百合ヶ丘総合病院

11月14日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

わずかな採血で「がんリスク」を判定

男性6部位 女性9部位が対象

11月14日号

ひらしんビッグアドバンス

中小企業の経営をトータルサポート

ひらしんビッグアドバンス

400以上の大手企業も参加

11月14日号

定期預金に年利0・2%上乗せ

定期預金に年利0・2%上乗せ

スルガ銀行で特別金利キャンペーン

11月14日号

スムーズな事業承継と経営計画のポイント

スムーズな事業承継と経営計画のポイント

気さくな税理士のわかりやすい無料セミナー ボーノ相模大野で

11月7日号

全国屈指の設備で体操に挑戦

マット・鉄棒・跳び箱・トランポリンなど

全国屈指の設備で体操に挑戦

冬季短期体操教室 今年も募集スタート

11月7日号

公社の高齢者向け賃貸

公社の高齢者向け賃貸

生活援助員による生活支援サービス

11月7日号

あっとほーむデスク

  • 11月7日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク