八王子版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

一般社団法人八王子青年会議所(JC)の第53代理事長になった 青田 一宏さん 越野在住 38歳

難題に挑戦続ける

 ○…「これからは政策提言ができる組織を目指す」。昨年1年間、日本青年会議所に筆頭議長として出向した。「3日に1度は飛行機に乗る計算」という多忙な中で見えてきたのは全国的な会員の減少傾向とその原因。「必要とされる組織にならなければ」。形式的になっている姉妹JCとの連携強化として西釜山(韓国)JCに慰安婦問題の討論会を提案するなど、かなり実質的な内容に踏み込む。

 ○…地元中学校を卒業してすぐに解体職人の世界に飛び込んだあと、一念発起して司法試験を目指した。大検を経て25歳のときに大学に入学。朝6時に起きて現場に行き、そのまま大学へ。授業後に図書館で終電まで勉強する生活を続けた。大学院に合格した頃、経営の道に路線変更する転機が訪れた。血縁関係のない当時の社長が会社を畳もうとしているのを知って「売ってほしい」と頼み込んで社長業に。「ぎりぎりの状態で回した」と精神的にも肉体的にも大変だった最初の2年間を振り返る。

 ○…苦しい時期を乗り切り、丁寧な仕事が信頼されて順調に事業が展開していった。さらに一昨年から新たな挑戦として障害児童を預かる放課後等デイサービスの施設を開所。社名も(株)ASAHIと改めた。「 ”気持ち”があってもできない人は多い。自分ができる環境ならやってみよう」。制度を知ってすぐに実行したところ、予想を上回る早さで定員に。保護者たちの声に押されるように、昨年もう1施設をオープンさせた。

 ○…「かつては街にゴミが落ちていれば、先頭を切って拾うのがJCだった」。しかし、今ではゴミを捨てる人の方が珍しい。行動力で乗り切れる課題は解決されつつあり、今あるのは一朝一夕には解決できないものばかり。だからこそJCが必要とされるために、難しい課題に立ち向かう。これまでの人生も難題への挑戦の連続だった。「失敗しても構わない。勇気を持って取り組む」

八王子版の人物風土記最新6件

小林 義典さん

東海大学医学部付属八王子病院(石川町)の病院長に就任した

小林 義典さん

7月19日号

秋山 美恵子さん

28日(土)、主宰するフラ教室の20回目となる公演に挑む

秋山 美恵子さん

7月12日号

金沢(かねざわ) 伸吾さん

甲州街道沿いの店と人を写真に収める自主プロジェクトで100人を撮影した

金沢(かねざわ) 伸吾さん

7月5日号

小金沢 一実(ひとみ)さん

4月から店舗を持たずに活動しているコミュニティ「ハニカムステージ」の代表を務める

小金沢 一実(ひとみ)さん

6月28日号

伊藤 哲朗さん

音楽に合わせ、人と犬が共に踊る「ドッグダンス」の世界大会出場が決まった

伊藤 哲朗さん

6月21日号

辻田 千里さん(バルーンアーティスト☆chisato)

3回目を迎えるワークショップ祭りの代表を務める

辻田 千里さん(バルーンアーティスト☆chisato)

6月14日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

八王子の「すごい人」 一堂に

八王子の「すごい人」 一堂に

8月2日 どりぃむフェスタ

8月2日~8月2日

八王子版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク