八王子版 掲載号:2018年1月1日号
  • LINE
  • hatena

一般社団法人八王子青年会議所(JC)の第53代理事長になった 青田 一宏さん 越野在住 38歳

難題に挑戦続ける

 ○…「これからは政策提言ができる組織を目指す」。昨年1年間、日本青年会議所に筆頭議長として出向した。「3日に1度は飛行機に乗る計算」という多忙な中で見えてきたのは全国的な会員の減少傾向とその原因。「必要とされる組織にならなければ」。形式的になっている姉妹JCとの連携強化として西釜山(韓国)JCに慰安婦問題の討論会を提案するなど、かなり実質的な内容に踏み込む。

 ○…地元中学校を卒業してすぐに解体職人の世界に飛び込んだあと、一念発起して司法試験を目指した。大検を経て25歳のときに大学に入学。朝6時に起きて現場に行き、そのまま大学へ。授業後に図書館で終電まで勉強する生活を続けた。大学院に合格した頃、経営の道に路線変更する転機が訪れた。血縁関係のない当時の社長が会社を畳もうとしているのを知って「売ってほしい」と頼み込んで社長業に。「ぎりぎりの状態で回した」と精神的にも肉体的にも大変だった最初の2年間を振り返る。

 ○…苦しい時期を乗り切り、丁寧な仕事が信頼されて順調に事業が展開していった。さらに一昨年から新たな挑戦として障害児童を預かる放課後等デイサービスの施設を開所。社名も(株)ASAHIと改めた。「 ”気持ち”があってもできない人は多い。自分ができる環境ならやってみよう」。制度を知ってすぐに実行したところ、予想を上回る早さで定員に。保護者たちの声に押されるように、昨年もう1施設をオープンさせた。

 ○…「かつては街にゴミが落ちていれば、先頭を切って拾うのがJCだった」。しかし、今ではゴミを捨てる人の方が珍しい。行動力で乗り切れる課題は解決されつつあり、今あるのは一朝一夕には解決できないものばかり。だからこそJCが必要とされるために、難しい課題に立ち向かう。これまでの人生も難題への挑戦の連続だった。「失敗しても構わない。勇気を持って取り組む」

八王子版の人物風土記最新6件

和田 隆彦さん

鍛造(たんぞう)作家で昨年末、ギャラリーをオープンした

和田 隆彦さん

1月17日号

古都 こいとさん

先ごろ、小説家デビューを果たした鍼灸師

古都 こいとさん

1月10日号

齋藤 祥文(しょうぶん)さん

一般社団法人八王子青年会議所(JC)の第54代理事長になった

齋藤 祥文(しょうぶん)さん

1月1日号

住田 帆志乃さん

先ごろ、「全日本バレーボール高等学校選手権大会」出場を決めた部の主将を務める

住田 帆志乃さん

12月20日号

川口 ゆり子さん

今月84回目の定期公演を行うバレエ団シャンブルウエストを率いる

川口 ゆり子さん

12月13日号

伊奈 稔さん

税知識の普及などを推進する八王子間税会の会長を務める

伊奈 稔さん

12月6日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク