八王子版 掲載号:2018年5月3日号 エリアトップへ

ドイツ人で日本の新生児の写真を撮る ベルゲン・ソルベイグさん 久保山町在住 

掲載号:2018年5月3日号

  • LINE
  • hatena

小さな命 「家族の幸せ」1枚に

 〇…生まれて2週間までの姿がベストという。まだお腹の中にいるように、丸まっている。それ以上経つと敏感にもなり撮影は難しく。「小さな命を預かっている。安全面はもっとも気を使います」。医者家系に生まれただけあって、その知識は豊富にある。撮影現場では誕生の喜びに妻が夫が泣き、そしてもらい泣きする。「みんなの幸せを表現する仕事」と誇らしげ。日本語は堪能だ。

 〇…ボン大学在学中、新聞で日本大使館による国際交流の求人情報を知り「試してみよう」と来日した。新潟県庁で交流委員として3年間働いた後、新潟大学でドイツ語、異文化コミュニケーションなどを指導した。大学教授である夫の仕事の都合で10年前、八王子へ。生活環境が変わったことを機に、写真に力を入れるように。写真は8歳の誕生日にカメラを買ってもらったときから親しんでいる。

 〇…「住みやすい」日本が好きという。「街で安全に歩ける。サービスは世界一」。日本食では、目でも楽しめる懐石料理がお気に入り。一方、電車で席を譲らない若者の話などにはがっかりする。ドイツのいいところは「働く時間が短い。(日本と違って)自信を持って休む」点だそう。仕事を含め海外へ出向くことが多く、「刺激のある東南アジアが一番好き。もうヨーロッパで暮らそうとは思わないわ」

 〇…新生児の撮影を始めたのは自身の出産経験がきっかけ。撮りたくても撮れなかった次男のケースを機に、「幸せを写真にして毎日見られるように」とまわりに案内、本腰を入れ出した。「パソコンの中に入れておくのでなく、写真にして家に飾るといいですよ。愛されていることが(子どもに)伝わるものです」。いつか新生児の写真展開催を夢見る。

八王子版の人物風土記最新6

小野 晃弘さん

制作したロボットを地域の交通安全イベントに出演させている

小野 晃弘さん

府中市在住

10月24日号

荒又 美陽さん

多摩ニュータウンの調査・研究にあたる市民グループの会長を務める

荒又 美陽さん

文京区在住 46歳

10月17日号

三浦 元(はじめ)さん

ワールド ヨーヨー コンテストで6連覇を達成した

三浦 元(はじめ)さん

大楽寺町在住 15歳(高1)

10月10日号

大野のどかさん

「つづく地図 はちおうじ」発行の呼びかけ人で、携わるメンバーのひとり

大野のどかさん

千人町在住 

10月3日号

竹下 正哲(まさのり)さん

拓殖大学教授で筑摩書房から新書「日本を救う未来の農業」を上梓した

竹下 正哲(まさのり)さん

打越町在住 48歳

9月26日号

黒部 睦(むつみ)さん

南多摩中等教育学校6年生で、少年少女国連大使としてSDGsの啓蒙活動を行う

黒部 睦(むつみ)さん

東大和市在住 18歳

9月19日号

富田 喜代志(きよし)さん

初の遺品展を開催した八王子市遺族会の会長を務める

富田 喜代志(きよし)さん

台町在住 78歳

9月12日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク