八王子版 掲載号:2018年8月23日号 エリアトップへ

朗読家で主宰するユニットが10周年をむかえる 矢内(やない) 佑奈(ゆな)さん 上柚木在住 

掲載号:2018年8月23日号

  • LINE
  • hatena

「うっとり」話芸 気軽に聞いて

 ○…「アンシャンテ」という名のユニットで、他の朗読家と共演する形で会を開く。「一人だと周囲が見えにくくなる。澱むのはいやなので」。2008年にスタートしこの9月で10年になる。「朗読は小難しいという印象があるかもしれません。耳で聞くお話ですよ」。アンシャンテは「うっとりさせる」などの意味を持つ。「楽しかったら笑ってください。もっと気軽に聞いてもらいたいですね」

 ○…広島県の出身。中学の時、地元で初めてプロの芝居を観た。その劇団四季のウエストサイド物語に心を奪われ「自分もやりたい」と思うように。高校時代から劇団に所属。上京後は早朝にパン屋で働き生計を立て、役者を続けた。舞台に出てもギャラはない。全く出演できない年もあった。「それでも舞台が好きで」。今も呼ばれてステージにあがる。

 ○…朗読との出会いは結婚、出産で芝居から離れ、子育てがひと段落した頃。「一人でできて劇団ほど拘束時間が長くない」と生活環境を優先し選んだ。演劇経験をいかし「できる」とも思った。しかし教室へ行くと「初日に打ちのめされました。全く違いました」。演劇はセリフを読む。朗読は本を読む。「(朗読は)声だけで物語を構築する『話芸』ですね」。今は市内で指導をする機会もある。参加するのは60、70代の人がほとんど。家で一人だったりし「『声を出したい』と思っている人が多い」と感じている。

 ○…ディズニーが大好き。「グッズがあれば機嫌がよくなります。TDRに行くと体の血が入れ替わります」。八王子で好きな場所は初めて人前で朗読を披露した長池公園という。将来はヴァイオリンを弾けるようになりたいとも。1回の朗読公演は30分程度。「いつかじっくり聞いてもらえる独演会もやってみたい」

八王子版の人物風土記最新6

TOMOKO(トモコ)さん

ギタリストで聴覚障害者が楽しめる「風船ギター」の普及に努める

TOMOKO(トモコ)さん

港区在住 

8月22日号

尾崎 一宏(かずひろ)さん

サックスプレイヤーで初のソロアルバムを7月に発表した

尾崎 一宏(かずひろ)さん

犬目町在住 47歳

8月15日号

西村 敏子さん

奉仕活動に従事する「国際ソロプチミスト八王子」の会長に就いた

西村 敏子さん

台町在住

8月8日号

常盤 聡さん

元Jリーガーで現在は市内の建設・不動産会社の社長を務める

常盤 聡さん

八王子市在住 32歳

8月1日号

橋本 豊治さん

日本画家で、名僧の生涯を描いた絵巻物が港区の寺院で紹介される

橋本 豊治さん

打越町在住 86歳

7月25日号

坂本 洋子(ようこ)さん

20日に移転オープンするコミュニティ食堂を運営し、里親活動をしている

坂本 洋子(ようこ)さん

めじろ台在住 62歳

7月18日号

小星 重治さん

(株)ホットアルバム炭酸泉タブレット(東町)の代表で、大分県竹田市による温浴法療養施設の運営をする

小星 重治さん

相模原市在住 75歳

7月11日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今週末は野菜まつり

犬目町

今週末は野菜まつり

JA園芸センター

8月24日~8月25日

八王子版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク