八王子版 掲載号:2018年11月15日号 エリアトップへ

イチョウ並木 街道を彩り90年 宮内庁が植樹 市の記念物

文化

掲載号:2018年11月15日号

  • LINE
  • hatena
甲州街道沿いのイチョウ並木:八王子いちょう祭り祭典委員会提供
甲州街道沿いのイチョウ並木:八王子いちょう祭り祭典委員会提供

 11月17日(土)・18日(日)に甲州街道沿いで行われる「第39回八王子いちょう祭り」=中面に関連記事。今年は「いちょう並木90年記念」の冠がついている。八王子の秋の風物詩ともいえる「黄色い紅葉」の歴史を地元の専門家に聞いた。

 追分町交差点から高尾駅前にかけての約4・2キロに渡って続くイチョウ並木。今年4月現在で750本あるという。1927年(昭和2)の大正天皇の多摩御陵造営記念として宮内庁が同年から1929年(昭和4)にかけて植えたもの。1964年(昭和39)の東京五輪で同街道が自転車レースのコースとされたことをきっかけに、同年、市の天然記念物として指定された。また市制60年を記念して1976年(昭和51)には市の木に制定されている。

 「これだけ立派な並木は、そうはないよ」と子どもの頃からこの付近に住む郷土史家の縣(あがた)敏夫さん(83・東浅川町在住)。「当時は路面電車も走っていたね」。戦前は御陵に訪れる人が多く、参拝客が主に使っていたのが、街道を通る路面電車だった。「イチョウは成長が遅いらしくてね。最初は今の高尾警察署の前の1本くらいしかギンナンはなかったよ」。1975年(昭和50)頃になると、たくさん成るようになっていたという。「数が少ないうちは実が大きかった。数が増えると、栄養が持って行かれるのか、実が小さくなった」。実が大きい時代は、拾って自宅で食べる人も多かったそう。

周辺町会を表彰

 今年は祭りの中で、周辺15町会に対して、市長から感謝状が贈呈される。沿道の掃除などで景観を維持してきたことを評価してのもの。また、この並木を管理する国交省相武国道事務所が初めてブースを出展し、5つ集めるとストーリーが現れるプログラム「あつめるぬりええほん」を陵南公園「みんなの広場」で行う。

並木に立つ縣さん
並木に立つ縣さん

21周年感謝祭

感謝の気持ちを込めた特別キャンペーン

https://mitsui-shopping-park.com/mop/tama/

<PR>

八王子版のトップニュース最新6

羽田投手 西武へ

八王子高校

羽田投手 西武へ スポーツ

プロ野球ドラフトで指名

10月21日号

10月に7割完了見込み

八王子市

10月に7割完了見込み 社会

コロナワクチン 会場減も

10月14日号

両区に7氏が出馬へ

衆院選八王子

両区に7氏が出馬へ 政治

東京第21区、24区情勢

10月14日号

職人気質で金賞狙う

桑志高校吹奏楽部

職人気質で金賞狙う 文化

東日本大会出場 9日から

10月7日号

受験生に優先予約

八王子市

受験生に優先予約 社会

コロナワクチン 中3高3

9月30日号

ゆかりの偉人を饅頭に

ゆかりの偉人を饅頭に 教育

学生 商店会と街おこし

9月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook