八王子版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

昔話の継承に励む「高尾山とんとんむかし語り部の会」の会長を務める 吉田 美江さん 絹ヶ丘在住 75歳

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena

残すため 語り続ける

 ○…八王子に1000話はあるという昔話。会の使命は「先人たちが(口頭で)残してきたその話を『語り』という形態で残す」こと。26人の会員は日々、勉強に励み、市内の学校や保育園、高齢者施設などへ出向き「語る」ことを続ける。「自分は100話くらいなら」。10年務めた会長職をこの春、退く。会として4年前には本を出し、昨年からFMラジオで番組を持つようになった。「長いようであっという間でした」

 ○…昔話に興味をもったのは20代の頃。大阪に住む時期があり、関西の歴史について触れたことで生まれ育った八王子への興味がわいてきた。子供会の活動を通して昔話を研究する師匠に出会い、本格的に学びだす。「そこに住んでいた人に思いをはせるのは大変面白い。今に通じていると感じることが多々あります」とその魅力を話す。最も好きな物語は川口川などが舞台の「石芋」。「弘法伝説のひとつです。登場するお婆が自分と重なって」と笑う。

 ○…趣味は民俗学系の本を読むこと。夫と早朝に犬の散歩をするのも楽しみのひとつ。孫たちと一緒に書道と水彩画を習っているそう。「中井貴一さんの主演で(八王子のまちづくりをした)大久保長安をドラマ化」という大きな夢もある。

 ○…「とんとんさんだ!」。保育園等への「出前語り」ではそう呼ばれることも。紙芝居や読み聞かせとは違う。顔、目を見つめ一人ひとりに語りかける。継続的に訪れることで最初は興味がなかった子も、次第に耳を傾けられるように。「子どもたちは聞き上手になります。想像力も養えます」。ある園児がこう話しかけてきた。「今度は自分が小さい子にお話を聞かせてあげたい」。10年の間で最も印象に残っている言葉だ。

八王子版の人物風土記最新6

工藤 孝生さん

八王子陶芸クラブなどの代表を務める陶芸家で、「美山焼」の作陶展を開催する

工藤 孝生さん

椚田町在住 84歳

4月15日号

花柳 貴比さん(本名:芦川芳子)

4月25日にいちょうホールで行う日本舞踊の公演「ひなの会」を主催する

花柳 貴比さん(本名:芦川芳子)

中野上町在住 

4月8日号

大澤 敬之さん

滝山城跡の歴史的価値の保持に取り組む滝山城跡文化協会の会長を務める

大澤 敬之さん

加住町在住 73歳

4月1日号

千島 理子さん

全国出場を果たした明治大学付属中野八王子高校卓球部の主将を務める

千島 理子さん

埼玉県在住 17歳

3月25日号

青木 崇浩さん

水産事業と福祉事業をつなぐ「めだか販売店」を運営するあやめ会(子安町)代表の

青木 崇浩さん

台町在住 44歳

3月18日号

高橋 希望(のぞみ)さん

東日本震災を生き延びた豚「有難豚(ありがとん)」を扱うホープフルピッグの代表の

高橋 希望(のぞみ)さん

小比企町在住 

3月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter