八王子版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

写真家で9月にノンフィクションエッセイを出版した 小松 由佳さん 椚田町在住 38歳

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena

書き残す 土地と人の記憶

 ○…「時代には理解されない事があっても、自分の感覚を見極めながら生きよう」。小さいころに憧れた冒険家たちの物語を読んでそう感じたという。その思いを今も抱き、内戦地シリアの取材を続けている。2人の息子の育児に追われながらも、難民である夫と自分の経験を伝えるノンフィクションを3年かけて書き上げた。「考える余白を残す写真のように書くことを心がけました」

 ○…出身は秋田県。山に囲まれた生家は、農家を営んでいた。高校から登山の訓練に明け暮れたのは、「未知の世界」への興味から。2003年には日本人女性として初めて、標高世界2位のK2登頂に成功。その一方、遠征先の辺境の地で暮らす人々と出会い「土地固有の文化の中で生きる人」に関心をもち始める。08年には砂漠での暮らしに憧れを抱き、シリアへ。言葉はおぼつかなかったが、一族とともに生活したことは今回の執筆にも活かされた。

 ○…年に数度取材を重ねる中で、ラクダの放牧をするシリア人男性に惹かれるように。しかし、内戦が始まると男性も元の地に戻ることはできなくなった。一時は取材どころか国際電話でのやりとりも難しくなった。が、「困難があるとしても、それすら喜び」と、13年に結婚。現在は安定した生活のため、家族で日本で暮らしている。

 ○…アラブと日本、文化の隔たりは大きいという。例えばアラブ人がもつ「ラーハ」と呼ばれる概念は、周りの人とのゆとりのある時間を最も大切にする。一方で日本では時として効率性が重視される。考え方のギャップはあるが「分かりあえないことを理解する」と前向きだ。「八王子は、山が見える街」。人との繋がりもでき、徐々に愛着のある土地になっていると話した。

八王子版の人物風土記最新6

角山(つのやま) 貴之さん

八王子を拠点に活動し、三段跳びで東京オリンピックへの出場を目指す

角山(つのやま) 貴之さん

江東区在住 35歳

1月21日号

林 冴香(さえか)さん

ラジオリスナー研究家として、「ハガキ職人」についての本を出版した

林 冴香(さえか)さん

丹木町在住 26歳

1月14日号

青木 耕平さん

一般社団法人八王子青年会議所(JC)の第56代理事長になった

青木 耕平さん

日野市在住 37歳

1月7日号

佐藤 秀仁(しゅうじん)さん

高尾山薬王院の第三十三世貫首に就任した

佐藤 秀仁(しゅうじん)さん

狭間町在住 50歳

1月1日号

時田 ひさ子さん

かくれ繊細さん(HSS型HSP)に特化した本を出版した

時田 ひさ子さん

八日町在住 51歳

12月17日号

大塚 雅春さん

寺院等に版画を寄贈する一方、先月市内のセンターで北条氏照の大作を展示した

大塚 雅春さん

めじろ台在住 77歳

12月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

お問い合わせ

外部リンク