八王子版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

東京都のコンペでテーマ賞を受賞した(株)葵製作所の代表取締役を務める 長谷川 薫さん 日野市在住 47歳

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena

面白い 感じるまま挑戦を

 ○…「デザイナーの提案にすごくワクワクしている」とコンペについて語る。インテリア雑貨の試作品づくり、展示の見せ方など最終審査に向け準備中だ。製作所では産業用の大型筐体(きょうたい)などを主力とするため、一般向けの製品もデザイナーと組むのも初。「手触りなど図面に表現されない部分も求められる。技術を磨く努力を止めてはいけないと改めて気づけたことは大きい」という。

 ○…石川町に生まれる。兄と弟の3人きょうだい。ずっと父が興した家業を継ぐ気持ちはなかった。大学卒業後、化粧品会社に就職し美容部員に。やりがいがあったが、父親から頼まれ26歳の時に葵製作所へ。「休みの融通がきくかな」と、軽い気持ちで入社するが内情は厳しかった。親子で衝突も多く、兄も弟も会社を去り、自身が継ぐことに。職人だった父の「真似はできない」と、自分なりの経営理念を考えた。顧客、仕入れ先、仲間との「絆を育む」ことを掲げている。

 ○…茶道を始めて27年。「きっかけはとらやの羊羹の美味しさに感動しちゃって」と笑う。月に1、2回、和装して国分寺の教室へ。茶道の「異空間と静けさ」が、仕事のオンオフを切り替える大切な時間となる。「おばあちゃんになっても続けられるもの。いつかお茶の教室を開けたら」と密かな夢を語る。

 ○…板金加工業の機械化が進む中、「手作業」を大切にしている。その情熱が強かった先代からの教えだ。コロナ禍で仕事が減ったとき、休業はせず社員に技術訓練を促した。「仕事が戻ってきたとき、すぐに対応できるように」。ペン立て、棚など身の回りのものを作ったことで雑貨に活路を見出した。「面白いと感じる方に前へ進みたい」。ワクワクする気持ちを信じ挑戦していく。

八王子版の人物風土記最新6

小林 隼人さん

フットゴルフ日本代表選手として、きょう26日の日米対抗戦に挑む

小林 隼人さん

南陽台出身 42歳

5月26日号

澤 千代美さん

カザフスタンで行われる世界ベンチプレス選手権大会に出場する

澤 千代美さん

横川町在住 72歳

5月19日号

沼崎 道子さん

任意団体を立ち上げ、先月開所した「yottette(ヨッテッテ)」を運営する

沼崎 道子さん

子安町在住 56歳

5月12日号

生山(おいやま) 龍哉さん

八王子国際協会「世界の人とふれあいタイム委員会」の委員長を務める

生山(おいやま) 龍哉さん

緑町在住 64歳

5月5日号

田所 喬さん

クールセンター八王子のセンター長に4月1日、就任した

田所 喬さん

松木在住 43歳

4月28日号

田崎 幸子さん

八王子市消防団の初の女性副団長に、4月1日付で就いた

田崎 幸子さん

東浅川町在住 41歳

4月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook