寒川版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

「紙幣メモ」1000束贈る 宇野製作所から寒川町へ

文化

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena
サイズも厚さも外国のお札と同じ
サイズも厚さも外国のお札と同じ

 田端の宇野製作所(宇野洋祐社長)がこのほど『UNO紙幣メモ』1千束を町に寄付した。薄茶色の紙(無地)が帯で束ねられ札束のよう。町では学校で活用するという。

地元と外国とのつながり感じて

 同社は外国紙幣を印刷後に切り分ける機械を作っており、紙の寸法や厚さは南アジアのある国の紙幣そっくり。輸出前のテストで生まれた珍しい副産物という。「教育に役立ててもらえたら」と初めて町に贈った。

 同社の裁断機を採用した国はパキスタンやインド、コンゴ、台湾など約10カ国にのぼる。もともと大学ノートの製造を手掛けていたが、今では文房具にとどまらず、日本やアメリカを含む各国のパスポート製造システムを手掛けており、その生産数は世界一を誇る。周囲に田畑が広がる工場が「世界のUNO」だと知る町民は少ない。

 1千束はもし1万円札だったら10億円ほどの量。受け取った町は「子どもたちに寒川と世界とのつながりを感じてもらいたい。社会科で活用できたら」と話している。

寒川版のトップニュース最新6

段ボール1枚でも交換

段ボール1枚でも交換 社会

寒川紙業で「量問わずペーパー2個」

3月20日号

埋もれた旧目久尻に光を

埋もれた旧目久尻に光を 社会

寒川エコネット、遊歩道を切り開く

3月20日号

役場横にBMX施設

次年度町予算案

役場横にBMX施設 社会

「町のランドマーク」

3月6日号

異例の休業、教員苦心

異例の休業、教員苦心 社会

コロナ対応、寒高は教室で証書授与

3月6日号

小谷小が40周年

小谷小が40周年 教育

農業体験など伝統受け継ぐ

2月21日号

空からノイズで避難誘導

空からノイズで避難誘導 社会

寒川で「世界初」の実験

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月20日号

お問い合わせ

外部リンク