寒川版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

「紙幣メモ」1000束贈る 宇野製作所から寒川町へ

文化

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena
サイズも厚さも外国のお札と同じ
サイズも厚さも外国のお札と同じ

 田端の宇野製作所(宇野洋祐社長)がこのほど『UNO紙幣メモ』1千束を町に寄付した。薄茶色の紙(無地)が帯で束ねられ札束のよう。町では学校で活用するという。

地元と外国とのつながり感じて

 同社は外国紙幣を印刷後に切り分ける機械を作っており、紙の寸法や厚さは南アジアのある国の紙幣そっくり。輸出前のテストで生まれた珍しい副産物という。「教育に役立ててもらえたら」と初めて町に贈った。

 同社の裁断機を採用した国はパキスタンやインド、コンゴ、台湾など約10カ国にのぼる。もともと大学ノートの製造を手掛けていたが、今では文房具にとどまらず、日本やアメリカを含む各国のパスポート製造システムを手掛けており、その生産数は世界一を誇る。周囲に田畑が広がる工場が「世界のUNO」だと知る町民は少ない。

 1千束はもし1万円札だったら10億円ほどの量。受け取った町は「子どもたちに寒川と世界とのつながりを感じてもらいたい。社会科で活用できたら」と話している。

寒川版のトップニュース最新6

手彫り朱印で魅力発信

手彫り朱印で魅力発信 文化

「寒川の思い出持ち帰って」

5月27日号

4万1千個の苗で天然芝へ

4万1千個の苗で天然芝へ スポーツ

川とふれあい公園内

5月27日号

X Gamesで銅メダル

寒川在住白井空良さん

X Gamesで銅メダル スポーツ

スケボーで新技成功

5月13日号

「浜降祭」3年連続中止に

「浜降祭」3年連続中止に 文化

コロナの感染拡大を考慮

5月13日号

どまんなか祭り 復活

どまんなか祭り 復活 文化

7年ぶり、5月15日に開催

4月29日号

寒川駅東側に専用ポート

シェアサイクル

寒川駅東側に専用ポート 社会

21日から運用始まる

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リュウアンベさん個展

リュウアンベさん個展

5月29日まで茅ヶ崎8ホテルで

5月21日~5月29日

寒川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook