神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
寒川版 公開:2023年11月17日 エリアトップへ

寒川町 人と猫の共生目指す クラファンで寄付募る

社会

公開:2023年11月17日

  • X
  • LINE
  • hatena
食事中の保護猫=提供
食事中の保護猫=提供

 寒川町は、人と動物が安心して生活できる地域づくりと、飼い主のいない猫が一代限りの幸せな生涯を過ごせることを目指し、猫の不妊・去勢手術費用の補助などの寄付を募るクラウドファンディングを11月1日から開始した。受付期間は来年1月31日までで、目標額は100万円。11月13日現在で支援者は7人、8万8000円の寄付が集まっている。

 寒川町では、2018年から「寒川キャットプロジェクト」を立ち上げ、町登録ボランティア団体「寒川ねこ倶楽部」と連携してTNR活動などに取り組んできた。

 TNR活動とは、Trap、Neuter、Returnの頭文字を取ったもので、野良猫を捕獲し、不妊・去勢手術を受けさせ、元の場所に戻すことを言う。

 また、野良猫および飼い猫の不妊・去勢手術費の一部を補助する寒川町猫の不妊・去勢手術費助成事業を行っており、過去3年間で合計273匹分を助成してきた。

 猫は年に2〜3回、1回に4〜6匹の子猫を生むと言われており、生まれた子猫も生後半年で出産するようになる。不妊・去勢手術をしていないと猫は増加するばかりで、糞尿や鳴き声などのトラブルに発展するケースも少なくないとされる。また、同倶楽部の藤澤代表によると、「増えすぎてしまった猫が虐待された姿も見てきた」という。

 寄付金は、同手術やTNR活動、野良猫の保護活動に必要な経費の補助などにあてられる。

 町では、「飼い主のいない猫が幸せな生涯を送れるように、ぜひご協力をお願いします」とコメントしている。

 クラウドファンディングの詳細は、以下の二次元コードより確認を。

クラウドファンディングの詳細はこちらから
クラウドファンディングの詳細はこちらから

寒川版のトップニュース最新6

県予選優勝し全国へ

全日本小学生ソフトテニス大会

県予選優勝し全国へ

寒川小6年・三枝由空さん

6月7日

7.9億円を追加計上

寒川町補正予算

7.9億円を追加計上

定額減税関連予算など

6月7日

寒川球児、県優勝に貢献

寒川球児、県優勝に貢献

武相高校の大久保・三上2選手

5月24日

帯状疱疹予防接種に助成

寒川町

帯状疱疹予防接種に助成

6月1日から、50歳以上対象

5月24日

今年度中に工事着工へ

茅ヶ崎市消防署宮山出張所

今年度中に工事着工へ

2026年4月の供用目指す

5月10日

「地域のヒーロー」身近に

小谷消防分団

「地域のヒーロー」身近に

こどもカフェ初の防災訓練

5月10日

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook