神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
寒川版 公開:2023年12月1日 エリアトップへ

コモレビ農園馬谷原光織さん 歯学部講師から農家へ 寒川学校給食にも提供

社会

公開:2023年12月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
寒川学校給食センターに納品したキャベツ
寒川学校給食センターに納品したキャベツ

 昨秋開業した「有機農家コモレビ農園」を1人で切り盛りする馬谷原(まやはら)光織(みつおり)さん(49・町内在住)。昭和大学歯学部の講師から農家に転身し、管理する0・9haの畑でキャベツや小松菜など約30種類の野菜を栽培している。11月21日には、JAさがみ寒川営農経済センターを通じて寒川学校給食センターに初めてキャベツを納品した。

 都内の医師家系に生まれ育った馬谷原さん。自身は歯科医師を志し、昭和大学歯学部に進学。同大大学院に進み、そのまま就職し、研究を行いながら、歯学部の助教や講師として目まぐるしい日々を送っていた。

 結婚し、鎌倉に居を構えた後も激務は続き、体調不良に。妻の後押しもあり、「人生やり直すつもりで」退職。第2の人生に農業を選び、2021年に寒川に移住。知人の紹介から大久保農園(小谷)の大久保泰明さんに弟子入りし、農業を一から学んでいった。

土づくりに半年

 馬谷原さんが目指したのは、化学肥料や農薬を用いない有機農業。まずは、土壌の有機物を増やすための土づくりに着手。緑肥にするための作物ソルゴーを育てるところから始め、半年を費やした。その後、野菜栽培を始め、病害虫の発生を抑えるための予防的な管理等を行いながら、農業機械をフル活用し、1人で日の出から日没まで作業に没頭した。

 出来上がった野菜は大きさも味わいも十分で、「大久保さんも褒めてくれた」と微笑む。馬谷原さんの作った野菜は、わいわい市寒川店(宮山)とカフェパパ&ママ(岡田)で購入できる。

 今後は、農林水産省が有機食品としての規格を満たした生産が行われることを示す「有機JAS」の取得を目指す他、障害者とともに働ける農園づくりを進める予定。馬谷原さんは、「学校給食にも使われ少し自信がついてきた。これからも頑張りたい」と話した。

寒川版のトップニュース最新6

菱和園のポン茶が認定

なでしこブランド

菱和園のポン茶が認定

茶葉の旨みを1粒に凝縮

2月16日

一枚写真で優秀賞

広報さむかわ

一枚写真で優秀賞

中高生の躍動写す

2月16日

50周年記念しフォトコン

「スイセン」テーマに募集

50周年記念しフォトコン

2月2日

町内救急出動が41%増

茅ヶ崎市消防本部

町内救急出動が41%増

熱中症等要因か

2月2日

被災地支援の輪広がる

能登半島地震

被災地支援の輪広がる

町役場など各地に募金箱

1月19日

今季は「一戦必湘」

湘南ベルマーレ

今季は「一戦必湘」

新体制発表で躍進誓う

1月19日

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook