神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
寒川版 公開:2024年4月26日 エリアトップへ

寒川高校野球部 障害のある子どもたちと交流 「誰にでもやさしく」

スポーツ

公開:2024年4月26日

  • X
  • LINE
  • hatena
ボールを投げる練習をする子どもたち
ボールを投げる練習をする子どもたち

 寒川高校の硬式野球部(渡邉好祐監督・部員12人)が4月20日、倉見のインドアテニス施設で、放課後等デイサービス「アフタースクール オーシャンズラブ茅ヶ崎」に通う子どもたちを対象に、野球を原型として考案されたスポーツ「ベースボール5」の体験教室を開いた。渡邉監督は、子どもたちに野球やスポーツの楽しさを伝えると同時に、「誰にでもやさしくできる人間になってほしい」と野球部員の成長を見守る。

 同部では、2019年から年に1度、地域の園児から小学3年までの子どもたちを対象に野球教室を開いている。昨年は、寒川町主催のスポーツイベントでも同教室を行うなど、積極的に活動してきた。

 知的障害や発達障害など、さまざまな特性がある子どもたちが参加するオーシャンズラブでは、協調性やチャレンジ精神、コミュニケーション力などを育むことを目指し、サーフィンやビーチサッカーなどのスポーツ体験を行ってきた。

 今回は、渡邉監督と同スクールのGMを務める伊藤良師さんが、共に(一社)日本スポーツマンシップ協会認定のスポーツマンシップコーチだった縁で、伊藤さんから依頼。「同じ地域で暮らす同年代の子どもたちが、スポーツを一緒に楽しみ交流することに意義がある」と実現した。

 同部では、子どもたちが少しでも楽しめるようにと、バットを使用せず、手のひらで柔らかいボールを打つ「ベースボール5」を採用。接し方やメニューなどを事前に部員同士で共有し、当日を迎えた。

 元気のよいあいさつの後、まずはボールに慣れるためにキャッチボールを実施。「いいボール」「ナイスキャッチ」などと部員から声を掛けられると、子どもたちは笑顔を浮かべていた。その後、試合形式でのプレーも楽しんだ。

 伊藤さんは「工夫をしながら進行してくれました。何より、とてもやさしく接していただき、うまく盛り上げてくれたおかげで、子どもたちがとても楽しく活動することができた」と感謝を述べ、同部キャプテンの井上幸樹さん(3年)は「僕たちも楽しかった。スポーツが面白いと知ってもらえて良かった。ありがとう」と話した。

試合形式でも楽しんだ
試合形式でも楽しんだ

寒川版のトップニュース最新6

県予選優勝し全国へ

全日本小学生ソフトテニス大会

県予選優勝し全国へ

寒川小6年・三枝由空さん

6月7日

7.9億円を追加計上

寒川町補正予算

7.9億円を追加計上

定額減税関連予算など

6月7日

寒川球児、県優勝に貢献

寒川球児、県優勝に貢献

武相高校の大久保・三上2選手

5月24日

帯状疱疹予防接種に助成

寒川町

帯状疱疹予防接種に助成

6月1日から、50歳以上対象

5月24日

今年度中に工事着工へ

茅ヶ崎市消防署宮山出張所

今年度中に工事着工へ

2026年4月の供用目指す

5月10日

「地域のヒーロー」身近に

小谷消防分団

「地域のヒーロー」身近に

こどもカフェ初の防災訓練

5月10日

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook