さがみはら南区版 掲載号:2011年1月13日号
  • googleplus
  • LINE

SORA高 生徒11名 伝統芸能「糸あやつり」に挑戦 創作人形芝居を披露 14日(金)・19日(水)公演

芥川龍之介の代表作「杜子春」をモチーフに 制作した「春の日暮れ」という作品を公開
芥川龍之介の代表作「杜子春」をモチーフに 制作した「春の日暮れ」という作品を公開

 県立相模原青陵(せいりょう)高校(南区新磯野/通称SORA(そら)高)では、選択授業「パフォーミングアーツ(舞台芸術)」で、江戸糸あやつり人形座(江戸一糸代表/東京都小金井市)を招き、2・3年生11人が300年以上続く伝統芸能「糸あやつり」での人形芝居の創作に挑戦している。14日(金)と19日(水)には、同校と近隣の相武台こどもセンターでその集大成を披露する(各定員50名)。

 この授業は、若い世代への伝承活動にも積極的な同座の働きかけにより今年4月から、脚本から案を練るなど、“贅沢な”指導が行われてきた。人形のデザインは女子美術大学の学生が協力し、桜美林大講師の劇作家・横田修さんが演出。連携校にとっても初の試みとなっている。

 本来は「舞台へ上がるまで最低5年」の世界。生徒たちは冬休み返上で奮闘している。公開1週間前には、「動かし続けていると、手がけいれんする」というほど重い本番用の人形の“人間らしい動き”を追求。自分自身の立ち回りをチェックした。「とにかく体力勝負!」と檄をとばす人形遣い・江戸一糸さんに、生徒たちは「もう疲れた~」と漏らしつつも、1000回に及ぶ人形の“歩行訓練”に粘り強く取り組んだ。なお、公演は14日(金)が同校・多目的表現学習室で、19日(水)が相武台こどもセンターにて行われる。各回とも15時40分より約40分程度。入場無料。観覧希望者は、【電話】042・747・0531同校(中山周二教諭)まで問い合わせを。

さがみはら南区版のトップニュース最新6件

上位進出めざし、発進

ノジマステラ神奈川相模原

上位進出めざし、発進

3月15日号

80歳超えて新たな挑戦

復興支援 多様な形で

相模女子大学生ボラ委

復興支援 多様な形で

3月8日号

自治体ポイント導入へ

相模原市

自治体ポイント導入へ

3月8日号

「地域貢献アイドル」が卒業

大磯町商工会と連携

相模女子大

大磯町商工会と連携

3月1日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク