ホーム > さがみはら南区版 > ローカルニュース > 運良く"パシャリ"

さがみはら南区

相模台長谷川さん

運良く"パシャリ"

Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
平成24年6月6日午後0時22分/f400㎜×2×2×2=3200㎜/フィルター=Y×3+ND/φ30㎜、F107、ISO100、1/1000S
平成24年6月6日午後0時22分/f400㎜×2×2×2=3200㎜/フィルター=Y×3+ND/φ30㎜、F107、ISO100、1/1000S

 6日に起こった世紀の天文現象「金星の日面通過」。南区相模台の元教員・長谷川敏さん(81)が見事にその模様を、自宅から写真に収めた(=写真)。

 金星が、地球と太陽のちょうど間に入る、宇宙空前の?レア現象(写真の黒点が金星)。2回対になって起こり(2004年と今回)、8年前のものは、日本では130年振りの観測となった(天候は悪かった)。

 当日、予報では午前7時11分から午後1時47分までの間に見られる予定だったが、あいにく市内の天候は曇り。分厚い雲が太陽を覆っていた。しかし、長谷川さんよると、午後0時20分前後から10分ほど、雲の切れ間から青空が。準備していたカメラのシャッターをあわてて切り、世紀の撮影に成功した。「金環日食よりも珍しいんです」と、声を弾ませる長谷川さん。なお、次回の通過は105年後の2117年12月とのこと。
 

関連記事

powered by weblio


さがみはら南区版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク

  • さがみはら中央区
  • さがみはら南区
  • さがみはら緑区
  • 町田