さがみはら南区版 掲載号:2012年9月13日号
  • googleplus
  • LINE

相模原市 口コミで子育てサイト 頼りはママ情報 「応援店」募集中

 相模原市では現在、市内にある「子育てにやさしいお店」情報をメールで募集している。ママら目線での子育て応援店をHP上に集約することで、妊娠中の方や18歳未満の子どもがいる家庭に役立ててもらうことが狙い(市子育て応援店事業)。

 寄せられた情報は今年3月に作られた、市の子育て応援HP「はなたんネット=写真」(http://hanatan-net.city.sagamihara.kanagawa.jp)にアップされる。”子育て応援店”とは「粉ミルクのお湯や授乳スペース、おむつ替えスペースがある」「子ども連れに割引がある」などのサービスを受けられる店舗・事業所のこと。

 近年、核家族化の進行や地域コミュニティの希薄化などにより、子育て世代を取り巻く状況は大きく変化。行政には、安心して子どもを産み、育てる環境づくりをバックアップすることが求められている。「子育て中、妊娠中の方をあたたかく見守り、地域社会全体で応援していくため」と今回の事業について、市・こども青少年課では話している。サイトには8月24日の時点で63店舗が登録されている。市では今年度中に300店以上に増やしたい考えだ。

「登録いらず」「提示なし」

 なお、このような事業を行なっている自治体は多数あり、近隣では神奈川県、横浜市などがあげられる。しかし、それらは、ある店舗の子育てサービスを受けようとする際、事前にサイト内での登録が必要であったり、さらにカウンターでカードの提示を求められたりする。相模原市の場合、その一手間はなく、サービスは市外の方でも利用可能。また、子どもの年齢を「小学生以下」としている自治体が多い中、相模原市は「18歳未満」としている。”ママの口コミ”を集めて、サイトを構築するスタイルは県内初の試みだ。

 応援店の情報は【メール】ouen@soin.or.jp(相模原市印刷広告協同組合事務局)にて受付中。店名、場所、嬉しいサービスについて明記を(後日、この事業を受託している同組合から店舗へ連絡が行く仕組み)。なお、申請をしたい店舗・事業者は同組合HPのフォームから応募を。寄せられた情報は「はなたんネット」に掲載される他、各店舗には目印となる「子育て応援店」ステッカーが配布される。
 

さがみはら南区版のトップニュース最新6件

100歳翁が語る郷土史

初の日本人優勝者に

相南在住古海行子さん

初の日本人優勝者に

4月12日号

「不定期で続けます」

釣り堀遊び野口徹也さん

「不定期で続けます」

4月5日号

「相模原事典」を作成

郷土史家涌田夫妻

「相模原事典」を作成

4月5日号

ホーム開幕戦で勝利

ノジマステラ神奈川相模原

ホーム開幕戦で勝利

3月29日号

おださがの「春の風物詩」

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「さくら」の競演

「さくら」の競演

相模川芝ざくらまつり

4月1日~4月20日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク