神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

銀座に新キャラ「ぎんちゃん」 モデルは二宮金次郎

社会

公開:2013年7月18日

  • LINE
  • hatena

 相模大野銀座商店街振興組合(南区相模大野、渋谷勝由理事長)に、オリジナルキャラクター「ぎんちゃん」が誕生した。同組合では今後、商店街のPRに活用していく考えだ。

 同組合では、商店街活性化の一助にと、これまでPRを担ってきた恐竜のマスコット「ディノ」に代わる新たなオリジナルキャラクターの創出を数年前から目論んでいた。その一方で、商店街の中ほどに位置する報徳二宮神社との協働事業を模索していた。

 互いに共存共栄していこうという神社と商店街の思惑が合致し、新しいキャラクターのモデルを「商業の神」として祀られている同神社の祭神、二宮尊徳(金次郎)に。デザインは商店街のマップを手掛けるなど、かねてから交流があった市内在住のデザイナー、米山翔子さんに依頼した。

 ぎんちゃんは草鞋を履き荷物を背負い、本を片手に道を行くなじみの姿を可愛いらしくアレンジ。薪の代わりにハートマークを背負う。名称は「大野銀(●)座商店街」から由来。本家の金(●)次郎にもあやかっている。

 イラストはすでにのぼり旗に使用され、現在同商店街の各所で目に留まる。今後組合のジャンパーにも印刷され、9月29日(日)の「大野銀座祭」などの催しでスタッフが身に着けるという。

 渋谷理事長は、「商店街の看板なども刷新したい。『ぎんちゃん商店街』として浸透させていければ」と今後の展望を語った。
 

さがみはら南区版のトップニュース最新6

7年ぶり減少も高水準

児童虐待相談人数

7年ぶり減少も高水準

センターへの相談は増加

6月13日

電子書籍 導入は16自治体

本紙独自県内調査

電子書籍 導入は16自治体

蔵書数、利用数に課題も

6月13日

円安で製造・小売悪化

相模原市景況

円安で製造・小売悪化

深刻な人手不足続く

6月6日

若年がん患者に助成金

相模原市

若年がん患者に助成金

在宅療養 経済的負担減へ

6月6日

超高周波音の演奏会

木もれびの森

超高周波音の演奏会

保全活動団体が企画

5月30日

16号に出店相次ぐ

キャンピングカー

16号に出店相次ぐ

専門店 相模原は好立地?

5月30日

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

  • 12月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook