さがみはら南区版 掲載号:2015年7月23日号 エリアトップへ

南区新戸北原さん 「応援の輪、感じて」 野菜届け母子家庭支援

社会

掲載号:2015年7月23日号

  • LINE
  • hatena
新戸の畑で野菜を収穫する北原さん=17日
新戸の畑で野菜を収穫する北原さん=17日

 品質に問題がなく、まだ食べられるにもかかわらず廃棄されてしまう余った食品を、福祉施設などへ無料で提供する活動や団体は、「フードバンク」と呼ばれている。南区新戸などで農作物を生産している北原強(つよし)さん(65)は、この活動に感化され、自身の作った野菜を経済的に困窮する母子家庭へ届けるなど、応援の輪を広げようと働きかけている。

 新戸に住む北原さん。以前は都内の半導体計測機器メーカーに役員として勤めていた。10年ほど前に、「自分で作った安全なものを食べたい」と有機農法での野菜づくりを始め、定年退職後は本格的に農業に従事。現在、新戸や下溝にある延べ約400坪の畑でトマト、ナス、キャベツ、ピーナッツなど年間4、50種類の野菜を育て、市内や横浜市の青果店に卸している。

 今年1月。フードバンクを取り上げた報道番組をテレビで観た北原さんは、「環境に恵まれていないと思われる子どもたちを応援したい。自分の野菜が役に立たないか」と市社会福祉協議会(社協)に相談した。それを受けた社協側と北原さんで方法を模索。6月末、社協が運用する生活費の貸付制度利用者のうち、連絡がとれ提供を希望した母子家庭5世帯に、段ボール箱いっぱいに詰めた野菜を届けた。

 北原さんは「食料支援を通じて、『応援をしている人がいるよ』『孤独じゃないんだよ』ということを子どもたちが感じてくれたら」と思いを語り、「地域で応援する輪が広げられれば」と続けた。また7月12日には、区内の児童養護施設に入所する子どもたちに北原さんの野菜を振る舞う試みが、相模大野の中国料理店で実施された。社協南区事務所の担当者は、「単発的なものではなく継続していけたら。思いを持った方を地域の中でつないでいくことを目指したい」と話していた。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

橋本公園で代替イベント

東京五輪聖火リレー

橋本公園で代替イベント 社会

ランナー87人が集結

6月24日号

今年は開催へ、実行委動く

おださがロードフェスタ

今年は開催へ、実行委動く 文化

新たな仮装イベント企画

6月17日号

高齢者完了へ 対応急ぐ

市ワクチン接種状況

高齢者完了へ 対応急ぐ 社会

12〜64歳 今月から券発送

6月17日号

廃部危機 2人で越えた

大野台中ソフト部

廃部危機 2人で越えた 教育

星野さん・中村さん 最後の夏

6月10日号

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

「J2残留が目標」

6月10日号

高齢者向けパズル開発

区内企業HAPPYカイゴ

高齢者向けパズル開発 社会

認知症者が楽しむ仕掛け

6月3日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter