さがみはら南区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

免許証返納という選択肢 5月に申し込み急増

社会

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
運転経歴証明書交付申請書の案内を持つ南署員
運転経歴証明書交付申請書の案内を持つ南署員

 今年4月に都内の池袋で2人が亡くなった事故をはじめ、各地で高齢者の運転による自動車の死亡事故が相次いでいる。加齢による判断力の低下などにより、自身が事故の加害者となる可能性を危惧し、区内でも運転免許証を自主的に返納する人が増えているという。

 相模原南警察署によると、管内の65歳以上の運転免許証保有者は4月末時点で3万1612人。2018年の返納者は合計872人で月平均は約73人だったが、今年5月は134人と、ここ5年間で最多人数を記録した。「池袋の事故後、免許証返納について話し合う家族が多かったのでは。遺族も話していたように、少しでも不安があれば、運転しないという選択肢を考えてほしい」と、同署交通課職員は話す。

返納後も身分証明書に

 運転免許証返納の手続きには、同署窓口で交付している「運転免許取消・一部取消申請書」の提出が必要となる。「返納すると身分証明書がなくなって不便」と考える人も多い。しかし有効期間内の免許証を返納した人に限り、手数料1100円を支払えば「運転経歴証明書」が発行される。身分証明書として有効で更新の必要がなく、協賛企業団体・文化施設等で特典が利用できることもあり、返納者の約9割が申請している。免許証は申請当日に無効となるため、本人が車を運転して帰ることはできない。

移動支援が課題

 窓口では免許更新に訪れた高齢者に早めの返納を勧めているが、「家族の通院のため」などの事情で運転する必要がある人も多いという。同課職員は「今後は、免許証を返納した人への移動支援が課題。支援が充実すれば、返納への機運もさらに高まるのでは」としている。

 南署ではさらなる啓発に注力するほか、平日は高齢者の運転適性相談にも応じている。免許証返納に関する問合わせは南警察署交通総務係【電話】042・749・0110へ。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

市、集団接種へ運営訓練

コロナワクチン

市、集団接種へ運営訓練 社会

副反応対応など手順検証

4月8日号

原田美枝子さんら登壇

原田美枝子さんら登壇 文化

常福寺ライブ、「死生観」語る

4月8日号

相模原市がワイン特区に

相模原市がワイン特区に 社会

規制緩和で地産拡大期待

4月8日号

SC、首位新潟とドロー

サッカーJ2

SC、首位新潟とドロー スポーツ

ユーリが今季初得点

4月8日号

市長賞に橋本小PTA

市長賞に橋本小PTA 教育

広報紙コン 各賞決まる

4月8日号

相模原の魅力 ぎゅっと

相模原の魅力 ぎゅっと 経済

市がガイドブック発行

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク