さがみはら南区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

免許証返納という選択肢 5月に申し込み急増

社会

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
運転経歴証明書交付申請書の案内を持つ南署員
運転経歴証明書交付申請書の案内を持つ南署員

 今年4月に都内の池袋で2人が亡くなった事故をはじめ、各地で高齢者の運転による自動車の死亡事故が相次いでいる。加齢による判断力の低下などにより、自身が事故の加害者となる可能性を危惧し、区内でも運転免許証を自主的に返納する人が増えているという。

 相模原南警察署によると、管内の65歳以上の運転免許証保有者は4月末時点で3万1612人。2018年の返納者は合計872人で月平均は約73人だったが、今年5月は134人と、ここ5年間で最多人数を記録した。「池袋の事故後、免許証返納について話し合う家族が多かったのでは。遺族も話していたように、少しでも不安があれば、運転しないという選択肢を考えてほしい」と、同署交通課職員は話す。

返納後も身分証明書に

 運転免許証返納の手続きには、同署窓口で交付している「運転免許取消・一部取消申請書」の提出が必要となる。「返納すると身分証明書がなくなって不便」と考える人も多い。しかし有効期間内の免許証を返納した人に限り、手数料1100円を支払えば「運転経歴証明書」が発行される。身分証明書として有効で更新の必要がなく、協賛企業団体・文化施設等で特典が利用できることもあり、返納者の約9割が申請している。免許証は申請当日に無効となるため、本人が車を運転して帰ることはできない。

移動支援が課題

 窓口では免許更新に訪れた高齢者に早めの返納を勧めているが、「家族の通院のため」などの事情で運転する必要がある人も多いという。同課職員は「今後は、免許証を返納した人への移動支援が課題。支援が充実すれば、返納への機運もさらに高まるのでは」としている。

 南署ではさらなる啓発に注力するほか、平日は高齢者の運転適性相談にも応じている。免許証返納に関する問合わせは南警察署交通総務係【電話】042・749・0110へ。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

東林間「阿波T」今年も好評

東林間「阿波T」今年も好評 文化

デザイナーは地元在住

7月18日号

「相模原グルメ」を巡ろう

「相模原グルメ」を巡ろう 社会

9月よりスタンプラリー

7月18日号

運転免許、早めの返納を

運転免許、早めの返納を 社会

相模大野駅前で呼びかけ

7月18日号

満州から逃げ延びて

満州から逃げ延びて 教育

8月 戦争体験を語る会

7月18日号

大好評のビンゴあり

大好評のビンゴあり 文化

週末は東林間西口まつり

7月18日号

犯罪、非行のない社会訴え

犯罪、非行のない社会訴え 社会

市が橋本でイベント

7月18日号

七夕祭りは大盛況

七夕祭りは大盛況 社会

鵜野森の「ナナ」

7月18日号

あっとほーむデスク

  • 7月18日0:00更新

  • 5月23日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク