さがみはら南区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

県立相模原公園内のカフェで働きながら、出張珈琲サービスの代表を務める 宮田 貴文さん 中央区光が丘在住 46歳

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena

笑顔のために淹れる1杯

 ○…生活介護事業と就労継続支援を行う、「社会福祉法人アトリエ」の事業所の利用者で、知る人ぞ知る市内の「愛されキャラ」だ。相模原公園内の大温室で憩いの場となっている、通称「植物園カフェ」は同法人が受託して運営する出張所。そこで働く傍ら、「出張ミヤタ珈琲」として認知症カフェやシニア交流会などにおもむき、自慢の珈琲をふるまう。「1杯350円でどこでも駆け付けます」と話す表情には、充実ぶりが滲む。

 ○…小学6年生の頃、知的障害と診断を受けた。同級生と学力が離れていくことにもどかしさを感じる父親の姿は、今も忘れられない。上溝中学校の研究学級、相模原養護学校を卒業した後は、幼稚園で清掃員を20年間務めるなど、懸命に生き方を模索してきた。昨年夏、旧知の仲だった「最愛の女性」が植物園カフェの店長になったことで、「自分もここで働きたい」と転身を決意。シャツとスラックス、蝶ネクタイ姿が好評で、支配人の肩書きを与えられた。担当業務はコーヒーのドリップと接客。レジ打ちはできないが、「できること」を頑張っている。

 ○…定休日は月曜のみと多忙な日々だが、動物好きな彼女との時間が至福のひととき。ペットショップを訪れたり、ランチを共にしたりと、デートを楽しんでいる。美味しい珈琲の淹れ方の研究にも余念がない。

 ○…「何をしたら人に喜んでもらえるか。自分にとって、それは笑顔で働くこと」。ありのままの姿で働くことが障害者理解へとつながるという、好循環を生み出している。自身の個性は現在の環境、共に働く仲間が引き出してくれた。「自分の居場所、やりたいことが見つかった。いつか、仲間の顔を側面に描いたキッチンカーで珈琲を届けたい」。夢はふくらむ。

相模原市から大切なおしらせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

石川 正典さん

130周年を記念して母校の新磯小学校に桜を寄贈した

石川 正典さん

新戸在住 56歳

5月26日号

渡辺 加代子さん

神奈川県看護協会相模原支部の支部長を務める

渡辺 加代子さん

渕野辺総合病院勤務 67歳

5月19日号

田野村 順子さん

保護司として春の褒章で藍綬褒章を受章した

田野村 順子さん

御園在住 75歳

5月12日号

杉山 信義さん

木もれびの森の花と木々を守る会の代表を務める

杉山 信義さん

中央区相模原在住 74歳

5月5日号

金子 光史(みつし)さん

知的障害者のためのアート活動グループ「フェイス・オブ・ワンダー」を主宰する

金子 光史(みつし)さん

古淵在住

4月28日号

土橋(つちはし) 美穂さん

市みんなのSDGs推進課が啓発用に作ったエコバッグにデザインが採用された

土橋(つちはし) 美穂さん

緑区中野在住 50歳

4月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook