神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
さがみはら南区版 公開:2019年11月21日 エリアトップへ

相模台地区 「口の衰え」予防へ全力 高齢者向けに啓発活動

社会

公開:2019年11月21日

  • X
  • LINE
  • hatena
高齢者サロンでの啓発活動の様子
高齢者サロンでの啓発活動の様子

 食べ物を噛む力、飲み込む力といった口腔機能の衰えを指す「オーラルフレイル」の予防に向け、相模台第2地区の地域づくり部会(中村明部会長)が独自の取り組みを行っている。9月からは、市歯科医師会の協力を得て作成した映像を使用し、高齢者が集まる場で本格的に啓発活動を始めた。今後、各地区に活動の輪を広げていきたい考えだ。

 口腔機能の低下は栄養不足など全身の健康に影響し、将来的な要介護リスクを引き上げることから、早期の予防が重要といわれている。

 市は2016年度の「高齢者等実態調査」において、口腔機能に関するアンケートを実施。「半年前より固いものが食べにくくなった」「お茶や汁物でむせることがある」「口の渇きが気になる」の3項目のうち、相模台第2地区の2割以上の人が2点以上の「高リスク」に該当した。

講義を映像化

 これを受け、高齢者支援を担う地域づくり部会は昨年12月、市歯科医師会に啓発方法を相談。高齢者歯科診療担当の田中雄一郎医師が協力し、まずは部会員や地域のケアマネージャー向けに講義を行った。その後、地域住民を対象とした映像の作成が発案され、講義を約15分にまとめた啓発用DVDを作成した。

 部会は9月からDVD鑑賞、問診票での口腔機能チェック、口腔体操をセットにした約30分の啓発活動を高齢者サロン等で行っている。口腔健康の重要性を学び、舌を動かす体操で唾液の分泌を促す。11月は「オーラルフレイル予防強化月間」とし、掲示板や自治会の回覧板でPR。「相模台に限らず、様々な地区で啓発していきたい」と担当者は話している。問合せは相模台第2高齢者支援センター【電話】042・741・6665へ。

市も啓発へ取り組み

 高齢者の筋力向上を目的とする「いきいき百歳体操」を推進する市地域包括ケア推進課も、「筋力を維持するには食べることが大事」との観点から、DVD「いきいき百歳おくちの体操」を今年作成した。百歳体操の実施に併せて上映されている。問合せは地域包括ケア推進課【電話】042・769・9231へ。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

1市5町に「消滅可能性」

人口戦略会議

1市5町に「消滅可能性」

相模原「中間に位置付け」

5月16日

保育所申込みが過去最多

相模原市

保育所申込みが過去最多

待機児童は南区に7人

5月16日

ホコ天で街に賑わいを

サウザンロード商店街

ホコ天で街に賑わいを

1日限定 地元商店出店も

5月9日

22地区を「楽しく学んで」

市印刷広告協同組合

22地区を「楽しく学んで」

ゲーム開発で出前授業

5月9日

酒楽祭を初開催

相模大野北口商店会

酒楽祭を初開催

コリドーで5月26日

5月2日

障害者へ「合理的配慮」

障害者へ「合理的配慮」

民間義務化も周知に課題

5月2日

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

  • 12月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook