神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

相女中バスケ部 チーム力で全国準優勝 守備連係強化が結実

スポーツ

公開:2024年2月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
準優勝を喜ぶ相模女子大学中学部バスケ部員
準優勝を喜ぶ相模女子大学中学部バスケ部員

 全国U15バスケットボール選手権大会(京王ジュニアウインターカップ)の決勝戦が1月8日、調布市(東京都)で行われ、相模女子大学中学部バスケ部が準優勝を果たした。昨夏、全国決勝トーナメント初戦敗退から守備の連係を強化してきた練習が実を結んだ。

 同校は県内屈指のバスケ強豪校として知られ、昨年の全国大会ではベスト4の実績を残している。エースでキャプテンを務める竹内みや選手(3年)は「すっごくうれしい。プレッシャーもあったが、先輩たちを超えられてよかった」と喜びを語る。

夏の雪辱果たす

 選手たちの印象に残るのは準決勝・折尾中(福岡県)戦。昨夏の全国大会で20点差以上で負けた相手となる。延長戦残り30秒で竹内選手の3点シュートが決まり、大逆転勝利を収めた。

 試合の勝因を「チームのディフェンス力を上げたこと」と分析する同部顧問の田島稔教諭。昨夏100点近く取られた同対戦校に対し今回72点に抑えた。

 同部の主力メンバーは平均身長165センチメートルと小柄。ドライブや速攻、3点シュートなど、「自由な攻撃スタイル」が強みである一方、ディフェンスは個人が基本だったという。竹内選手は「個人だけでは相手が大きいと通用しない。フォローしあうチームのディフェンス力を上げることが必要だった」と当時を振り返る。

 今大会ベスト5に選ばれた吉田凜花選手は竹内選手と2ガードを務め、相手エースのディフェンスを任される守備の要。「練習外での走り込みを頑張った。外(からシュートを打つ人)の上手いチームに対してもプレッシャーをかけ続けようと意識していた」と振り返り、「楽しい大会だった」と笑顔で話す。

 田島教諭は「どの試合も負けてもおかしくないほどハイレベルな大会」とし、「昨夏に比べて冬の方がみんなで戦えた。チームとしてレベルが上がり、選手たちが最高に近いパフォーマンスを出し続けた結果」と選手たちをたたえた。

 同大会は公益財団法人日本バスケットボール協会が2020年に新設した全国大会。15歳以下の選手で構成されたジュニアバスケットボールチームおよび中学生チームが出場できる。今大会は都道府県予選会を勝ち上がるなどした男女各52チームが出場した。

相武台ほうさい殿ご葬儀個別相談

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

https://www.sougi-itabashi.co.jp/housaiden/26sobudai/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

みんなで福祉のまちづくり

〜地域の支えあい活動は、賛助会員によって支えられています〜

みんなで福祉のまちづくり

6月20日

防災強化で「水の確保」

相模原市補正予算案

防災強化で「水の確保」

能登半島地震で課題判明

6月20日

7年ぶり減少も高水準

児童虐待相談人数

7年ぶり減少も高水準

センターへの相談は増加

6月13日

電子書籍 導入は16自治体

本紙独自県内調査

電子書籍 導入は16自治体

蔵書数、利用数に課題も

6月13日

円安で製造・小売悪化

相模原市景況

円安で製造・小売悪化

深刻な人手不足続く

6月6日

若年がん患者に助成金

相模原市

若年がん患者に助成金

在宅療養 経済的負担減へ

6月6日

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

  • 12月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook