神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

発達凸凹でも気軽に散髪 理美容師らが啓発イベント

社会

公開:2024年3月28日

  • X
  • LINE
  • hatena
イベントのポスターチラシ
イベントのポスターチラシ

 発達障がいや知的障がいがあっても気軽に理容室や美容室を利用してほしい--。そんな環境を地域につくろうと、理容師・美容師らのグループが世界自閉症啓発デーの4月2日、啓発イベント『発達凸凹さんフェスタ』を杜のホールはしもとで開く。「我が子の成長を一緒に見守ってくれる理美容師がいることを知ってほしい」と参加を呼びかけている。

理美容院みつからず 

 イベントを主催するのはNPO法人セルフ。理美容師と保護者の懸け橋になるマッチングサイトの周知を図り、「発達障がい児のための理美容」というジャンルのすそ野を広げるのが目的。

 同NPOによると、発達障がいの特性によって、髪を切ることが出来なかったり、髪を切ることが苦手だったりするケースがあるという。そのため、髪を切ってくれる理美容院が見つからず、困っている保護者が多いのが実情だという。

同NPOの活動は佐賀県の美容師で、代表を務める安永康子さんを中心に開始。知的障がいと自閉症がある子どもを持つ安永さんが、障がい児の髪を切る理美容師の必要性を感じ、自らが専門の美容師になったという。

 同NPOでは、発達障がい児を支援する理美容師がいることを知ってもらい、全国に広げようと、ホームページ『発達凸凹さんヘアカット』での情報発信に取り組み、保護者への支援や啓発活動にも取り組んできた経緯がある。

CFで開催実現

 今回の相模原市内でのイベント開催は、同NPOで理事を務める理容師・半谷秀昭さんが相模原市在住ということもあり、相模原市や相模原東ロータリークラブなどの後援を得て企画。開催に向けてネットで寄付を集めるクラウドファンディングを実施したところ、目標金額の50万円を大きく上回る130万円超が集まり、実現した。

 半谷さんは「障がいのある子どもの受け入れを断るサロンが多いのが実態。動くから、騒ぐから、他のお客さんに迷惑になるからという声がある。イベントの開催によって障がいを理解してもらい、受け入れてもらえるサロンを増やしていきたい」と話している。

栗原類さんら登場

 今回のイベントではステージショーやセミナーがあり、モデルで俳優の栗原類さんらをゲストに招く。

 会場は杜のホールはしもと(緑区橋本3の28の1ミウィ橋本7・8階)。午前10時30分から午後3時30分まで。参加費無料。問合せは同NPOの半谷さん【携帯電話】080・4167・0987。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

自転車レース 市内を疾走

ツアーオブジャパン

自転車レース 市内を疾走

5月25日 「迫力を感じて」

5月23日

文科大臣表彰を受賞

てぶくろの会

文科大臣表彰を受賞

「読み聞かせ」続け27年

5月23日

1市5町に「消滅可能性」

人口戦略会議

1市5町に「消滅可能性」

相模原「中間に位置付け」

5月16日

保育所申込みが過去最多

相模原市

保育所申込みが過去最多

待機児童は南区に7人

5月16日

ホコ天で街に賑わいを

サウザンロード商店街

ホコ天で街に賑わいを

1日限定 地元商店出店も

5月9日

22地区を「楽しく学んで」

市印刷広告協同組合

22地区を「楽しく学んで」

ゲーム開発で出前授業

5月9日

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

  • 12月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

災害に向けた健康対策を

災害に向けた健康対策を

6月1日にオンライン講座

6月1日~6月1日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook