神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

木もれびの森 超高周波音の演奏会 保全活動団体が企画

文化

公開:2024年5月30日

  • X
  • LINE
  • hatena
来場を呼び掛ける杉山さん(左から2人目)と同団体のメンバー
来場を呼び掛ける杉山さん(左から2人目)と同団体のメンバー

 大野台の木もれびの森の一画で保全活動を行う「木もれびの森の花と木々を守る会」(ここももの会)が6月1日にハイパーソニック・サウンド(超高周波音)に着目した演奏会を開催する。同団体は「森に親しむきっかけになれば」と目的を話す。

 ハイパーソニック・サウンドとは人の耳に聴こえる周波数(約20キロヘルツ)の上限を超えて複雑に変化する超高周波を含む音のこと。多様な動植物が生息する自然や、楽器では琵琶や尺八、民族合唱などの音楽にも確認されている。環境省によると「脳機能を高め、安らぎや健康増進の効果をもたらすと科学的に証明されている」という。

 この効果に着目したのはここももの会の代表を務める杉山信義さん。「木もれびの森で演奏会をしたことは過去にもあったがハイパーソニック・サウンドという視点では初。森の良さを違う側面から伝えられるのでは」と企画した意図を話す。

 当日は市内を拠点とする琵琶奏者の中島旭煌さん、尺八奏者の金子朋沐枝さん、筝奏者の坪井智子さんが出演。「六段の調」や「春の海」などを披露する。演奏会場となる「憩いの広場」には、ナラ枯れなどで伐採した丸太の切り株を置き客席を用意。杉山さんは 「キビタキやホトトギスの鳴き声がよく聞こえる頃。演奏とのハーモニーを楽しんで」と語る。

 午前10時から11時まで。入場料500円。定員100人(残席わずか)。申込は【携帯電話】090・9954・0190(杉山さん)へ。

相武台ほうさい殿ご葬儀個別相談

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

https://www.sougi-itabashi.co.jp/housaiden/26sobudai/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

みんなで福祉のまちづくり

〜地域の支えあい活動は、賛助会員によって支えられています〜

みんなで福祉のまちづくり

6月20日

防災強化で「水の確保」

相模原市補正予算案

防災強化で「水の確保」

能登半島地震で課題判明

6月20日

7年ぶり減少も高水準

児童虐待相談人数

7年ぶり減少も高水準

センターへの相談は増加

6月13日

電子書籍 導入は16自治体

本紙独自県内調査

電子書籍 導入は16自治体

蔵書数、利用数に課題も

6月13日

円安で製造・小売悪化

相模原市景況

円安で製造・小売悪化

深刻な人手不足続く

6月6日

若年がん患者に助成金

相模原市

若年がん患者に助成金

在宅療養 経済的負担減へ

6月6日

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

  • 12月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook