寒川版 掲載号:2014年10月24日号 エリアトップへ

化学農薬を使わない野菜づくりに励む 杉崎 秀男さん 岡田在住 65歳

掲載号:2014年10月24日号

  • LINE
  • hatena

「無農薬野菜を広めたい」

 ○…宮山と小動の畑で化学農薬を使わない野菜の栽培に励む。ダイコン、ハクサイ、カラシナ、ホウレンソウ…キャベツ以外は何でも作っているかのようにバラエティは豊富。「体にいいものを作りたい。農薬を減らして、医者いらずの世の中にしたい」これが本心。種類が多いのは、野菜を買ってくれる人たちが飽きずに喜んで食べてくれるように――こうした思いが込められているそうだ。

 ○…戦争から帰ってきた父親は、食糧のない時代を生き抜き、栄養失調ぎみな体調に悩まされていたという。こうした経験が今に活かされる。農家の次男として生まれたが、勤務したのは茅ヶ崎市役所。38歳のときに親から畑を引き継いだが、本業はあくまでも行政マンだった。様々な部署を経験した。その中でも、保健衛生での10年間が大きく影響した。「市民の健康増進にかかわる仕事だけに知識も増えましたね」

 ○…十数年前に手のしびれを感じた。最初は原因が思い当たらなかったが、次第に農薬を使って栽培された自宅のカキを大量に食べたことが原因として浮上してきた。「カキの栄養価は知っての通りです。しかし、食べ過ぎたことでこんなことになるとはショックでした」。この頃、徐々に無農薬での栽培を考え始めていた。そして、決定的となったのが、ヒョウが降ったある日のことだった。「農薬を使ったカキはヒョウに打たれても耐えてしまう。これを見て決意しました」

 ○…本格的に栽培に従事し始めたのは2年前。徐々に知識を蓄え、トライ&エラーを重ねて、健康的で美味な野菜を誕生させてきた。最近では漢方に使う薬草の栽培も。「今の趣味は中国語の勉強かな。多少読めないといけないしね」と笑うが、目は真剣だ。体に良くて、作れるものはどんどん作る。「無農薬で医者いらず」が常に頭を離れない。野菜の栽培の話を始めると、笑顔で熱く語り続ける。情熱は底無しだ。

寒川版の人物風土記最新6

鶴岡 義彦さん

日本一のスイセンの町にする会の会長を務める

鶴岡 義彦さん

岡田在住 77歳

10月23日号

根岸君子さん

寒川俳壇に所属、非営利団体による俳句勉強会(11月)で講師を務める

根岸君子さん

宮山在住 89歳

10月9日号

原田 暁さん

よこはま動物の森公園で開催中の「森Lab」でアートを展示する

原田 暁さん

小谷在住 63歳

9月25日号

藤澤 真美さん

住宅街の一角でパン作りを教える

藤澤 真美さん

倉見在住 47歳

9月11日号

勢登 土志夫さん

湘南遺産に登録された水道記念館(宮山)で館長を務める

勢登 土志夫さん

横浜市在住 68歳

8月28日号

橋口泰子さん

国際ソロプチミスト寒川の新会長となった

橋口泰子さん

茅ヶ崎市在住 74歳

8月7日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク