寒川版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

秋の防火活動に取り組む女性防火クラブの委員長を務める 山本加代子さん 一之宮在住 59歳

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena

「当たり前」から一歩下がって

 ○…11月中旬になると、毎年きまって消防署員と一緒に一人暮らしの家を訪ね、火への備えを呼びかける。女性防火クラブは「家庭にいる人が防災の知識を学んで広めよう」と先輩たちが25年前に立ち上げ、その後を引き継いだ。会って話すと、錆びて底が抜けそうな古い消火器を持っている人や、火災報知器の設置義務を知らない人に出会う。原動力は「少しでも知ってもらえたら」という思い。まぶたを閉じれば小さい頃に近所で見た住宅火災の光景、恐ろしい火柱が浮かぶ。

 ○…旭が丘中を経て高校の頃から「答えがはっきり出る」数学にのめりこんだ。大学でプログラミングを専攻したのも「間違えたら動かない」潔さに惹かれたから。当時はパソコン(パーソナル)が世に出る前のオフコン(オフィス)が主流の時代。就職先では冷蔵庫よりも大きなコンピュータを相手に仕事をこなした。職場で隣に座っていた厳しい先輩が、のちに夫となった正紀さん。「マメで優しくて面白くて、本当に良い人なんです」。フフと思い出し笑いがこみ上げる。家族で楽しむ紅茶のひと時が幸せだ。

 ○…子育て中は消防車好きの息子を連れて消防署に出かけた。ロープやハシゴを全力で行き来する訓練とともに「遅いぞ」と檄が飛び交う。火災現場で命を張り、特に感謝の言葉もかけられない、ひたむきな姿にふと「彼らが当たり前の存在でいいのか」と感じた。彼らを支えたい一心で防火クラブに加わり、制服に袖を通したのが10年前。50人ほどのメンバーは高齢化しつつあるが、若い子育て世代に加わってもらうのは難しい。「クラブが大きくならなくても、防災への関心が高まってくれれば」。笑顔の口元は一文字になっていた。

寒川版の人物風土記最新6

井上 晋一さん

寒川ロータリークラブの新会長に就任した

井上 晋一さん

倉見在住 60歳

7月10日号

渡邊一三さん

寒川ライオンズクラブの新会長に就任する

渡邊一三さん

寒川町倉見在住 74歳

6月26日号

織田 敦さん

「みんなの花火」実行委員長を務める

織田 敦さん

一之宮在住 37歳

6月12日号

江藤 恵子さん

開設10周年を迎えた地域活動支援センターFの施設長

江藤 恵子さん

岡田在住 62歳

5月29日号

宮下洋さん

自宅で多くのメダカを飼育し、町民センターの飼育講座でも教える

宮下洋さん

一之宮在住 77歳

4月17日号

大山 貴子さん

大山 貴子さん

一之宮在住 43歳

4月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク