寒川版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

寒川俳壇に所属、非営利団体による俳句勉強会(11月)で講師を務める 根岸君子さん 宮山在住 89歳

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena

独りの時間が嬉しい

 ○…テーブルにうずたかく積み上げたノートにはどれもびっしりと俳句が書かれている。「畑で草むしりをしていると思いつくんです。だから独りの時間が嬉しくてしょうがない。外出自粛だった時も退屈しなかった」。使い込んだ辞典は表紙が反っている。日ごろから細かい字を探して目が鍛えられたのか、老眼鏡は使わない。

 ○…平塚市の農家に生まれ、戦時中は秦野の女学校に通った。授業のかわりに校内に畑や防空壕を掘り、時には敵機から隠れて息をひそめる青春時代を過ごした。「授業なんてほとんどなかったし、人参を育てて先生にあげたの」。終戦後は、もんぺからスカートに変わった。23歳で寒川に嫁いだ時、一番嬉しかったのが相模線が走っていたこと。「電車から降りた人が野菜を買ってくれると思ってね」。朝から晩まで裸足で農作業に汗を流しながら、3人の子を育て上げた。

 ○…40歳のころ、義父が脳梗塞で倒れた。体が不自由になった義父を元気づけようと近所の人々が小さな俳句会を始めた。「君子さんもやんなよ」と言われて詠んだのが「春光や破れ障子を開け放つ」。どこの家の障子も同じだったが、子育てを象徴する表現を褒められた。「野良着でも化粧しなくても参加できる」と俳句にのめりこんで40年。物事はじっくり観察するようになった。今年春には「花火師が鷲掴みして塩を撒く」が寒川俳壇で最高の句に選ばれている。

 ○…このインタビューは最初遠慮していたが「俳句の普及になるかしら」と目を輝かせた。俳壇も高齢化が進み、一人でも若手に加わってほしいところ。手にこぶしを作り、声をしぼり出すように発したのが「これほど、これほど楽しい遊びはありません」

寒川版の人物風土記最新6

福地 璃子さん

全日本エアロビクス選手権のMVPで、三丸大サーカスのリーダーを務める

福地 璃子さん スポーツ

旭が丘中3年生

5月14日号

落合 洋司さん

5月2日に中央公園で開催「さむかわ音楽ひろば」を準備してきた

落合 洋司さん

岡田在住 48歳

4月30日号

佐藤 彩さん

100人のお産ウェブ写真展を開いている

佐藤 彩さん

岡田在住 41歳

4月16日号

井上 浩子さん

バルーンアーティストで、公民館での講座やイベントで活動する

井上 浩子さん

宮山在住 63歳

4月2日号

木村太郎さん

寒川青年会議所の理事長となる

木村太郎さん

岡田勤務 39歳

1月8日号

鈴木 桂(かつら)さん

藤沢・茅ヶ崎・寒川の労働組合組織「連合神奈川湘南地域連合」の議長に就任した

鈴木 桂(かつら)さん

藤沢市土棚勤務 49歳

12月18日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter