寒川版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

日本一のスイセンの町にする会の会長を務める 鶴岡 義彦さん 岡田在住 77歳

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena

日本一のスイセンの町に

 ○…寒川の町の花・スイセンを増やし全国的に誇る名所にする事が夢だ。「スイセンまつり」などの構想を語りながら両目は爛々。来年は仲間とともに6千個もの球根を中央公園近くに植える予定だ。もちろん子どもからシルバー世代まで参加を募る。「自分で植えたものが咲けば、愛着がわくんです。郷土寒川にも」。これまで(一社)「住みよい町さむかわにする会」のメンバーとして、駅や公園などへの球根植栽に携わり、経験は積んできた。「日本一のスイセンの町、これを町の総合計画に盛り込んでもらえたらなぁ」

 ○…日本海に面した山形県酒田市の出身。少年時代は漁師の父を手伝い、小さな船で沖へ繰り出した。周囲を山のように高い波に囲まれ、乗り越えた光景がまぶたに焼き付いている。陸に戻ると母が獲った魚を担いで行商に出かけた。工業高校を出て関東学院大工学部で学び、藤沢市に就職。定年まで土木一筋で八部公園や大庭台墓苑などの設計やJR線の新駅構想も扱った。そのせいか寒川を歩くと、道端の雑草や公園の伸びた樹木に目が行ってしまう。「雨水マスが詰まったらどうなると思います」。サラサラと立体図を描き始めたら止まらない。技術屋の横顔がちらり。

 ○…今は趣味で本を書いている。テーマは墓地やお葬式。13年前に妻の智子さんを亡くした後、自分用の棺を購入し、2人の子どもに葬儀と墓地は無用と念を押した。吹っ切れた表情で「お金もモノも儚い。人の心を育てられたら十分。誰かがスイセンを見て、私と一緒に植えた事を思い出してもらえれば」。毎日台所に立つたびに妻を思い出す。ニコッと笑う智子さんの遺影は両脇に「智子に叱られる」「ボーっとしない」と書き添えてあった。

寒川版の人物風土記最新6

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

菊地 愛美さん

子育てサポート施設「助産院mamana.house」代表

菊地 愛美さん

町内在住 35歳

4月29日号

大柳 誠二さん

茅ヶ崎市消防署長に就任した

大柳 誠二さん

田端在住 54歳

4月15日号

佐藤 龍二さん

「高座」のこころ。実行委員会委員長

佐藤 龍二さん

一之宮在住 33歳

4月1日号

右城 栄一さん

今月いっぱいで活動を終える「小谷子ども見守り隊」の一人

右城 栄一さん

小谷在住 84歳

3月18日号

平 静夫さん

寒川町盆栽会代表で、初心者向け講座(町民センター)で教えた

平 静夫さん

倉見在住 75歳

3月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook