寒川版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

バルーンアーティストで、公民館での講座やイベントで活動する 井上 浩子さん 宮山在住 63歳

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena

ふくらんで、結んでほら笑顔

 ○…昨年の暮れ、子どもたちにバルーンアートを教えた。テーマはクリスマス。時折膨らませた風船がビューと飛んだり割れたりと、随分賑やかだったらしい。ねじり過ぎると割れやすく、少しずつ萎むから大型作品の場合は手際のよさも重要だ。産業まつりでは風船を次々に犬やウサギ、剣に変え、子どもが笑顔にならないわけがない。今はイベントが難しい状況だが、4月は桜、5月は兜、その後は紫陽花へ、と創作意欲はふくらむ一方だ。

 ○…宮崎県日向市出身。遠い故郷の風景は高い建物が少なく海にも近い。目を細めて「相模湾にも近い寒川の風景に似てますよ」。将来は看護師か教員に-という夢を叶え、保健の先生として小学校に就職。「保健室を訪れる子どもにお母さんのように接したい」とエプロン姿で過ごした。有名なバルーンアーティストに習ったのが7年ほど前。学校の掲示板をバルーン作品で飾り始めた。「作品が作れれば泣いている子どもとの話のきっかけ作りになるし、不登校の子が『作りに行こうか』となるかもしれない」。30年以上勤めてすでに退職している身だが、今は新型コロナの影響を受けた教育現場が気がかりという。

 ○…子どもと同居するため、2年半前に寒川に移住。「ワクワクしながら来ましたよ。だってサザンや松任谷由美の曲で湘南が憧れでしたから」。宮崎を遠く離れても、特段暮らしに変化はなかった。時々故郷の「冷や汁」を作る。焼き魚をほぐしてダシをとり、味噌やゴマを入れて仕上げるのが実家流。「寒川ではいい人にばかり出会います。大きなことはできないけど、楽しく過ごしつつ町になじめたら」。待ちわびているという中央公園の桜は、いよいよ満開だ。

寒川版の人物風土記最新6

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

菊地 愛美さん

子育てサポート施設「助産院mamana.house」代表

菊地 愛美さん

町内在住 35歳

4月29日号

大柳 誠二さん

茅ヶ崎市消防署長に就任した

大柳 誠二さん

田端在住 54歳

4月15日号

佐藤 龍二さん

「高座」のこころ。実行委員会委員長

佐藤 龍二さん

一之宮在住 33歳

4月1日号

右城 栄一さん

今月いっぱいで活動を終える「小谷子ども見守り隊」の一人

右城 栄一さん

小谷在住 84歳

3月18日号

平 静夫さん

寒川町盆栽会代表で、初心者向け講座(町民センター)で教えた

平 静夫さん

倉見在住 75歳

3月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook